連続ドラマW「ママは昔パパだった」

性同一性障害を抱えた家族の軌跡を描く、WOWOWらしい新しい形のホームドラマ!

連続ドラマW第4弾は、「自分らしく生きること」をテーマにしたオリジナルストーリー。性同一性障害を抱える主人公が、困難に直面しながらも明るく前向きに生きていく姿や、家族・友人との絆を描きました。母として、女性として、ひとりの人間として強く生きる、“昔パパだったママ”を演じるのは、演技派・戸田恵子。脚本は「巧妙が辻」など話題作を数々手がける大石静。WOWOWならではの、まったく新しいホームドラマです。

ストーリー

家族と自分のために、「母」は性同一性障害特例法改正に立ち上がった。

仁美(戸田恵子)は2人の息子を持つ母親。しかし、以前は仁史という名前の「父親」だった。性同一性障害を抱えていた仁史は、妻と離婚し性別適合手術を受け、母親として息子たちを育てていた。ある日、隣に越してきた有馬(吉田栄作)親子と一緒に、長男のリトルリーグの練習に行く。すると「仁美のこと」を知った他の父母たちが、教育上よくないとしてチームの退会を迫る。状況が分からない有馬だったが、仁美の過去を知り言葉を失う。

[スタッフ]
監督:赤羽博(「ジイジ~孫といた夏~」「GTO」「教師びんびん物語」)
脚本:大石静(「ふたりっ子」ドラマW「恋せども、愛せども」)
主題歌:松任谷由実「人魚姫の夢(Album Version)」
プロデューサー:長谷川徳司

[キャスト]
戸田恵子:小谷仁美
余貴美子:上野牧子
吉田栄作:有馬勇治
光石研:菊池浩平
はるな愛:加納マリ
津川雅彦:加山茂一


芦原伊織:小谷駿
小室優太:小谷亮
山谷花純:有馬ゆか
白川由美:小谷佐和子
伊東四朗:小谷聡史 ほか