ドラマW「向田邦子 イノセント」

向田邦子が描いたインモラルでイノセントな「愛」が鮮やかに蘇る!
WOWOWがリメイクする新しい「向田邦子ドラマ」が登場!!

日本最高峰の脚本家として、「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」など数々の名作ドラマを残し、小説家・エッセイストとしても活躍した向田邦子。鋭い観察眼をもとに、孤独、優しさ、欲望など人間の本性を生き生きと描き出した作品は、多くの人をとりこにしてきた。
家族ドラマのイメージが強い向田作品だが、男女の愛を題材にした名作も多い。今回は、その"愛"を描く傑作短編4作を、WOWOWシナリオ大賞や優秀賞を受賞した脚本家が現代に置き換えオリジナルストーリーとしてリメイク。豪華キャストのオムニバスドラマとして4週連続でお届けする。不道徳で、強くて、美しい女たちが、人間の本性のままに人を愛する。向田邦子が描いた、イノセント(=罪のない)なむきだしの愛が現代に蘇る!

ストーリー

「隣りの女」
普通の主婦に隠された女の嫉妬心をあぶりだす、衝撃の官能サスペンス。
「きんぎょの夢」
妻がいる男性を愛してしまった女の、幸せと悲しみを描くエロティックで切ないラブストーリー。
「三角波」
結婚を決めた女にすり寄る"もうひとりの男"。向田邦子のイメージを覆す、刺激的な異色作!!
「愛という字」
二組の中年夫婦の再生を繊細に美しく描き出す、心にしみる感動作。

[スタッフ/キャスト]

「隣りの女」

原作:向田邦子
監督:タナダユキ(『百万円と苦虫女』)
脚本:三好晶子(『蛇のひと』)
プロデューサー:松永綾
出演:寺島しのぶ、坂井真紀、北村有起哉

「きんぎょの夢」

原作:向田邦子
監督:三原光尋(『しあわせのかおり』『村の写真集』)
脚本:多和田久美
プロデューサー:松永綾
出演:中越典子、田中哲司、富田靖子

「三角波」

原作:向田邦子
監督:小林聖太郎(『毎日かあさん』)
脚本:多和田久美、林さとみ
プロデューサー:松永綾
出演:貫地谷しほり、吉沢悠、小澤征悦

「愛という字」

原作:向田邦子
監督:森淳一(『蛇のひと』『重力ピエロ』)
脚本:坂口理子
プロデューサー:松永綾
出演:原田美枝子、村上淳