巷説百物語 飛縁魔(ひのえんま)

堤幸彦が京極夏彦の人気シリーズを映像化したスタイリッシュ時代劇、好評に応えて再登場!

京極夏彦の人気シリーズを新型時代劇としてドラマ化し、大好評を博した「巷説百物語 狐者異」から1年。視聴者の熱いアンコールに応えて第2弾が登場しました。再びメガホンをとるのは稀代のクリエイター・堤幸彦。魍魎が跋扈する江戸を舞台に、渡部篤郎、小池栄子、大杉漣、吹越満、小島聖らが一癖あるキャラクターを熱演。怪しい事件に潜む謎を巧みな「仕掛け」で解明し、世にはびこる悪人たちを始末する姿は痛快です。

ストーリー

美女の行く先々で火事が発生し男が死ぬ。彼女は妖怪・飛縁魔なのか?

絶世の美貌で男を虜にし、やがてはとり殺す。それが飛縁魔(ひのえんま)。江戸の街で夜な夜な発見される黒こげ死体。誰がどうやって大の男を燃やしたのか? 色街で評判の白菊なる女の仕業との目撃情報もあるが…。おぎんにまで疑いをかけられ、ついに動き出す又市たち。同心・田所の家に転がり込んだ謎の女おきく、白菊を待ち続ける大店の金城屋。白菊の正体とは? 複雑に絡んだ謎の真相やいかに。

[スタッフ]
原作:京極夏彦(「続巷説百物語」角川書店)
監督:堤幸彦(「トリック」「ケイゾク」)
脚本:石川雅也、阿部桃子
音楽:屋敷豪太


企画統括:山本均(WOWOW)
プロデューサー:
濱野隆、石野憲助(スプラッシュ)、
水野純一郎(松竹京都映画)

[キャスト]
渡部篤郎:小股潜りの又市
小池栄子:山猫廻しのおぎん
大杉漣:事触れの治平


吹越満:山岡百介
小島聖:白菊