連続ドラマW「CO 移植コーディネーター」

移植コーディネーターの目線で臓器移植の現実に鋭く切り込んだ本格医療ドラマ。

2010年7月、改正臓器移植法により、年齢を問わず本人の拒否がない限り、家族の同意で臓器提供が可能になりました。そこで「CO」という仕事に着目。主人公がさまざまな思惑に翻弄されながら、国内初の6歳の心臓移植を成功させるまでを描いています。児童虐待や病院の利権など、綿密な取材を元にした社会派作品でありつつ、命に関わる人々の葛藤や闘いを描いた人間ドラマとして高評を得ました。

ストーリー

法改正という変化の中、ドナー家族に真摯に寄り添うCOの物語。

COの大野(吉岡秀隆)は臓器移植法改正後の移植医療に苦慮していた。そんな中、15歳未満の脳死下での臓器移植が注目される。厚労省の圧力を受けている病院長、息子への移植を切望する母、ベランダから転落した6歳の少年、利権をちらつかせる製薬会社会長。6歳の心臓に思惑が群がり、虐待疑惑、医療利権、移植の公平性を覆す裏圧力が渦巻き始めた。大野はドナーとレシピエント家族のため、真摯に立ち向かう。

[スタッフ]
監督:生野慈朗(「ビューティフルライフ」「手紙」)、内片輝、塚原あゆ子
脚本:秦建日子(「ドラゴン桜」「天体観測」)
音楽:佐藤直紀(「ハゲタカ」「龍馬伝」)
プロデューサー:岡野真紀子

[キャスト]
吉岡秀隆:大野達郎
ユースケ・サンタマリア:倉本和史
木村佳乃:手塚由比
麻生祐未:立花美樹
利重剛:手塚隆弘
飯田基祐:中村恒一
矢田亜希子:倉本百合


尾野真千子:須藤亜希
中原丈雄:村田武雄
木南晴夏:紺野智恵
板谷由夏:林加奈子
豊原功補:榎本省吾
平田満:竹ノ内慎太郎
橋爪功:斎藤利通