連続ドラマW「東野圭吾 『分身』」

長澤まさみ、東野圭吾ミステリーで、一人二役に挑戦!

好評を得た「幻夜」に続き、東野圭吾作品が再び連続ドラマWに登場。氏が最も得意とする理系、医科学系分野を扱ったミステリーです。互いを知らずに生きてきた、瓜二つの鞠子と双葉。出生を探る中で2人はお互いを引き寄せ合い、やがて衝撃の真相を目の当たりにします。それは生命の神秘か、禁断の扉なのか…? 長澤まさみは本作で一人二役に初挑戦し、ライブシーンでの熱唱も話題を集めました。女優の美を引き出す永田琴監督の映像センスにも注目です。

ストーリー

別々に育った、容姿が同じ女性。2人が知った禁断の医療技術とは。

札幌の女子大生・鞠子(長澤まさみ)は、母からなぜかあまり愛された記憶がなく、さらにその母は火事で不審死していた。出生の秘密を探り始めた鞠子は、自分とまったく同じ顔、姿形をした女性・双葉(長澤まさみ[二役])の存在を知る。彼女は単なる「双子」という範疇を越え、まさに自分そのものだった。鞠子は、その謎を解き明かすことを決意する。そして、ついに鞠子と双葉が出会ったとき、生命工学の禁断の領域が姿を表し始める…。

[スタッフ]
原作:東野圭吾「分身」(集英社文庫)
監督:永田琴(「渋谷区円山町」「Little DJ~小さな恋の物語」)
脚本:田辺満
音楽:阿部海太郎
プロデューサー:井上衛

[キャスト]
長澤まさみ:氏家鞠子/小林双葉
勝地涼:滝沢裕介
臼田あさ美:下条めぐみ
ダンカン:井川孝之
藤吉久美子:井川久美子
荒井萌:井川香
鈴木砂羽:氏家静恵
手塚理美:小林志保
伊武雅刀:伊原駿策
佐野史郎:氏家清