新着番組
連続ドラマW 太陽は動かない

連続ドラマW 太陽は動かない
放送予定日



2020年放送決定!
<映画>2020年5月、全国ロードショー!

連続ドラマW × WOWOWFILMS
完全連動の超巨大プロジェクト
出演:藤原竜也×竹内涼真×原作:吉田修一×監督:羽住英一郎
映像化不可能と言われた原作へ挑む─
極限のタイムリミット・エンターテイメント!

「怒り」「悪人」などヒット作を生み出し続ける人気小説家・吉田修一のサスペンス・アクション小説「太陽は動かない」が待望の映画&連続ドラマ化!
世界を股にかけた壮大なスケールと、様々なシチュエーションでのアクションシーンなどから映像化は不可能と言われた巨編を描くため、大規模な海外ロケを敢行。
映画版は原作2部を基にWOWOWFILMS史上最大規模で製作・全国公開、ドラマ版は吉田修一監修のオリジナルストーリーを基に製作・WOWOWにて放送されるという超巨大プロジェクトだ。
主演は『藁の楯』『22年目の告白』の藤原竜也。心臓に小型爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという、極限まで追い詰められる主人公・鷹野一彦を演じる。そしてその鷹野の後輩であり相棒の田岡亮一役として竹内涼真も出演。
監督は『海猿』シリーズや『MOZU』シリーズなど、エンターテイメント大作を手がける羽住英一郎。誰が敵か味方か分からない命をかけた頭脳戦!陸・海・空問わず繰り広げられる迫力のアクションシーン!
そして手に汗握る予想外な展開! 24時間ごとにリセットされる、極限のタイムリミット・エンターテイメントが幕を開ける!

世界各国を舞台に物語が展開する本作の撮影は、ハリウッドのブロックバスター大作の制作で数々の実績を作ってきたブルガリアの制作チームとタッグを組み、ブルガリアの首都ソフィアで1ヶ月にも及ぶ大々的なロケを敢行。バルカン半島で最も美しいと称され、ソフィアを代表する観光名所でもあるアレクサンドル・ネフスキー寺院での映画史上初となる撮影やブルガリア最古のソフィア大学では現地エキストラが参加したパーティーシーンの撮影、また、ソフィア市街地の道路を完全封鎖して車を横転、爆破させたカーアクションシーンの撮影や、鉄道駅・ソフィアセントラルステーションから実際に列車を40kmも走らせながら終日撮影を行うなど、邦画、連続ドラマという枠にまったく収まりきらないスケールの大きいアクションシーンを繰り広げ、日本では到底実現不可能な超異例づくしの撮影が連日続いた。ブルガリアでの撮影を終えた本作は日本国内で引き続き撮影中。

ドラマの放送は2020年、映画の公開は2020年5月を予定している。まだまだベールに包まれた本作の今後の情報から目が離せない!

<ストーリー>
心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野と相棒の田岡。
24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「新時代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦が始まる。誰が敵か味方が分からない極限の状況の中、2人の心臓爆破のリミットは迫っていた―。

関連情報

原作:吉田修一「太陽は動かない」「森は知っている」(幻冬舎文庫)
監督:羽住英一郎
脚本:林民夫
出演:藤原竜也 竹内涼真 ほか
制作会社:ROBOT

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※2019年10月1日施行予定の消費税法改正に伴い、2019年10月分以降の視聴料につきましては消費税率10%を適用させていただきます。

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの