INTRODUCTION

ストーリー

ある日 、小さな運送会社を経営する赤松(仲村トオル)に事故の連絡が入る。会社のトレーラーのタイヤが外れて母子にぶつかり死傷事故を起こしたというのだ。整備不良が原因と決め付けられ、刑事(遠藤憲一)からの執拗な捜査を受け、一気に信用を失ってしまうが、専務の宮代(大杉漣)や門田(柄本佑)、妻の(戸田菜穂)に励まされ、赤松は事故の原因を突き止めるべく巨大組織への戦いを決意する。赤松からの問い合わせを受けたホープ自動車のカスタマー戦略課長・沢田(田辺誠一)は、社内に、常務の狩野(國村隼)を筆頭に組織された、リコール隠しを検討するための「T会議」という秘密会議が存在することを知る。沢田は同僚の小牧(袴田吉彦)、杉本(尾野真千子)と協力してT会議の情報を掴み、会社の膿を出しきるべく狩野一派の追い落としを企てる。

隠された証拠。見えない圧力。巨大企業という闇にどう立ち向かってゆけば良いのか…。

一方、ホープ自動車のメインバンクであるホープ銀行では、融資担当調査役の井崎(萩原聖人)が、経営努力の足りないホープ自動車への融資判断に頭を悩ませていた。銀行専務の巻田(西岡德馬)と狩野は旧知の仲であり、婚約者の香織(ミムラ)は狩野の姪でもあるため、言葉にならない圧力を受けていたからだ。そんな井崎に大学時代の友人の榎本(水野美紀)が取材に訪れ、ホープ自動車内で良からぬ噂があることを告げる。訝しがる井崎をよそに、榎本は事故の当事者でもある赤松にも取材を行い、同様の事故が全国各地で起こっていることを伝える。赤松、沢田、井崎、榎本、狩野。一つの事故をきっかけにそれぞれが動き出すなかで、次第に明かされる企業の闇と真実。巨大組織と中小企業。夢と現実。それぞれの抱く正義。事件は思いがけない結末へと向かって動き出していく…。