新着番組
連続ドラマW それを愛とまちがえるから

連続ドラマW それを愛とまちがえるから
放送予定日



2019年2月放送スタート
毎週土曜よる10:00
※第1話無料放送(全5話)

稲森いずみが不器用ながらも愛を模索する愛おしい主人公役で
WOWOWオリジナルドラマ、初主演!
『最後から二番目の恋』のスタッフで送るWOWOWの新ジャンル“大人のラブコメディ”

WOWOWでは、直木賞受賞作家・井上荒野原作の『それを愛とまちがえるから』(中公文庫)を2019年2月の“連続ドラマW”土曜日枠で連続ドラマ化することが決定した。結婚15年目を迎えて幸せな人生を送っていたが、セックスレスになってしまった夫婦の行く末を笑いあり、涙ありで送る大人のためのラブコメディ。夫婦の関係を問いかける作品だ。原作は2013年に刊行されている。
主演を務めるのは、今回がWOWOWのオリジナルドラマ初出演で初主演となる女優・稲森いずみ。これまでにも様々な役柄を演じ、連続ドラマへの出演は今作で26年連続となる彼女が今回演じるのは、夫とのセックスレスに悩み、真面目に一生懸命不倫をする主人公・伊藤伽耶役。自分の本当の気持ちを溜めてしまいがちで、ときに突拍子もない発言や行動をしてしまうといった役柄だ。

これまでWOWOWのオリジナルドラマでは、地上波や映画で放送することのできない内容の “社会派ドラマ”が人気を博して数多くの作品を放送してきたが、今回はこれまでに放送したことのない新たなジャンル“ラブコメディ”に挑戦する。その第1弾となる今作品のチーフ監督を務めるのは、フジテレビの宮本理江子。これまでに、フジテレビのヒットドラマを数多く手がけ、『101回目のプロポーズ』(1991年・CX)で、主人公がトラックの前に飛び込み「僕は死にません!」と叫ぶシーンの演出や、『最後から二番目の恋』(2012年・CX)では芸術選奨新人賞を受賞。この他にも『最高の離婚』(2013年・CX)など数々の人気作品を世に生み出している。そのヒット作を宮本とともに作り上げた制作陣が集結した今作。実力派女優と抜群のコメディセンスが光る名監督が手掛ける『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』が、WOWOWのオリジナルドラマに新たな風を吹かせる!

<ストーリー>
専業主婦の伽耶(稲森いずみ)は、仕事熱心で性格も合う夫・匡と結婚15年目を迎えて幸せな人生を送っていたが、2人は長きに渡るセックスレスでもあった。ある朝、伽耶は匡に「恋人いるよね?」と問いかけた。匡からの返事は「伽耶もいるよね、恋人?」だった。互いに恋人がいる事実が明らかになってしまった二人は、ひょんなことからお互いの不倫相手と知り合いになってしまう。問題だらけの夫婦とその恋人たちが織り成す四角関係の行方は!?

関連情報

出演:稲森いずみ ほか
原作:井上荒野『それを愛とまちがえるから』(中公文庫)
監督:宮本理江子(「最後から二番目の恋」、「最高の離婚」、「風のガーデン」)
   樹下直美(「未解決の女 警視庁文書捜査官」、「この声をきみに」)
脚本:牧五百音、新井友香(「祝女」)
音楽:平沢敦士(「最後から二番目の恋」、「三匹のおっさん」)
企画プロデュース:松永綾
プロデューサー:植田春菜、浅野澄美
製作著作:WOWOW
制作協力:FCC

コメント

主演:稲森いずみ

今回、WOWOWのオリジナルドラマに初挑戦させていただきましたが、顔見知りのスタッフや監督が集まってくださり、とても居心地の良い現場を作ってくださったので、幸せな環境で撮影を行うことが出来ました…

閉じる

主演:稲森いずみ

今回、WOWOWのオリジナルドラマに初挑戦させていただきましたが、顔見知りのスタッフや監督が集まってくださり、とても居心地の良い現場を作ってくださったので、幸せな環境で撮影を行うことが出来ました。
初めて台本を読んだときは、とても面白い作品だなと思いました。この作品は、日常で起こる夫婦のあるあるがたくさん詰まっています。その状況や相手の想いをどう捉えて、その後を生きていくのか、視聴者の方にもヒントになり、ポジティブな気持ちにもなれます。
私が演じる伽耶は、とても真面目で良い人です。自分の中で溜め込んでいる想いが強過ぎて、それが溢れ出てしまったときに、うまく処理をすることができなくて意外な言動をしてしまう。その言動がいろいろな面白い話に展開されていきます。
それぞれのキャラクターも、とても可愛くて愛おしくて笑えます。撮影中も笑ってしまうのを我慢することが大変でした。是非、見ていただきたいです。

原作:井上荒野

どうしようもない人たちの物語です。やらなければいいことばかりしてしまいます。でも、やらなければいいことはわかりきっているのに、やってしまうこと。間違っていると知りながらやめられないこと。そういうことは…

閉じる

原作:井上荒野

どうしようもない人たちの物語です。やらなければいいことばかりしてしまいます。でも、やらなければいいことはわかりきっているのに、やってしまうこと。間違っていると知りながらやめられないこと。そういうことは、誰の人生にも起こりうるのではないでしょうか。最初は他人事としてばかだなあ、と思って、ゲラゲラ笑って、それからちょっと沈黙して、ときどき「ズキッ」とするようなドラマになるといいなと思っています。

チーフ監督:宮本理江子

WOWOWでは、男性向けの男らしいドラマが多かった中、新たなチャレンジとして女性向けのコメディをやってみたいということで企画されたドラマです。
この物語は、普通の主婦で生真面目だった主人公の伽耶が、今まで自分の中で溜めていたものが…

閉じる

チーフ監督:宮本理江子

WOWOWでは、男性向けの男らしいドラマが多かった中、新たなチャレンジとして女性向けのコメディをやってみたいということで企画されたドラマです。
この物語は、普通の主婦で生真面目だった主人公の伽耶が、今まで自分の中で溜めていたものが耐え切れなくて意外な行動をし、夫婦の仲がこんがらがっていくお話です。主演の稲森さんは、伽耶と似ていて芯がすごく強い方。物腰は柔らかいんですが、鋭くいろいろなことを感じられていて、こちらの要求にもものすごく敏感に反応して対応してくださる。技術もあって、愛もあるとても素敵な女性です。
最近、正しいことをして生きていかなくてはいけないというプレッシャーで世の中の人が喘いでいる気がしています。間違ったことをしないで生きてきたのに、虚しいとか悲しいとか感じている方に見ていただいて、笑い飛ばしていただけたら嬉しいです。

原作

原作:井上荒野『それを愛とまちがえるから』(中公文庫)

書影

© 2013 井上荒野

【井上荒野プロフィール】
1961年東京都生まれ。成蹊大学文学部英米文学科卒業。
2008年「切羽へ」で第一三九回直木賞受賞。
作品「もう切るわ」「潤一」「そこへ行くな」「しかたのない水」「キャベツ炒めに捧ぐ」
「静子の日常」「リストランテ アモーレ」「結婚」「ママがやった」「綴られる愛人」他多数


WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの