メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

背景

相関図

相関図

国際旅客営業本部課長・お世話係

恩地元

上川 隆也

労組委員長として経営陣と対立し、10年におよぶ海外赴任を強いられた。帰国するも11年もの間、閑職に就いている。

取締役 広報部長

行天四郎

渡部篤郎

かつての同志・恩地と決別し、経営陣に取り入り出世してきた。現実主義で上昇志向が強く、社長の座を狙っている。

関西紡績 会長

国見正之

長塚 京三

大阪の大手紡績会社・関西紡績の会長。対立していた会社と組合の関係を解決した手腕が評価されている。

恩地の妻

恩地りつ子

夏川結衣

恩地元の妻。夫の10年にもおよぶ海外赴任にも耐え、二人の子供を育て上げた。

客室乗務員

小川亜紀子

長谷川京子

妻子を持つ行天と愛人関係を結んでいる。同期で一番早いチーフ・パーサー昇進を狙っている。

国航開発 会長

八馬忠次

板尾創路

恩地の度重なる僻地赴任を画策してきた。現在は国民航空の関連会社・国航開発の会長。

中央新聞 記者

熊野

ミムラ

使命感の強い新聞記者。事故を起こした国民航空の責任を追及する。

乗客の家族

杉内芳美

麻生祐未

墜落した国民航空機の乗客・杉内勉の母親。

行天の妻・元客室乗務員

行天麗子

若村 麻由美

行天四郎の妻。夫の出世を心から望んでいるが、夫が家に帰らないことに疑問を抱いている。

内閣総理大臣

利根川

平 幹二朗

内閣総理大臣。半官半民の国民航空が大事故を起こした事態を憂慮している。

社長

堂本信介

國村 隼

国民航空初の生え抜きの社長。労務担当取締役時代は恩地への報復人事、新生労組の結成を指示した。

客室乗務員

丸山千穂

舞羽美海

墜落した国民航空機に乗務していた客室乗務員。小川亜紀子の後輩。

労務部長

畑辰造

袴田吉彦

新生労組の初代組合委員長。堂本、八馬のもと、順調に出世してきた。

恩地の娘

恩地純子

朝倉あき

恩地の娘。薬剤師として働いていて、結婚を決めた相手がいる。

恩地の息子

恩地克己

和泉 崇司

恩地の息子。研究員として働いている。

乗客の家族

西野智恵子

菜葉菜

墜落した国民航空機の乗客の家族。夫が事故機に乗っていた。幼い息子と娘をもつ。

国際貨物部長・お世話係

岡部

浜田学

国際貨物部長で国民航空山岳部のリーダー。乗客の家族のお世話係となる。

事故調査班長

志方真一郎

甲本 雅裕

空の安全を軽視する国民航空を危惧してきた。恩地を古くから知る良き理解者。

乗客の家族

千葉

下條アトム

墜落した国民航空機の乗客の家族。娘が事故機に乗っていた。

乗客の家族

坂口清一郎

山本圭

墜落した国民航空機の乗客の家族。息子夫婦と孫が事故機に乗っていた。

客室乗務員

井手祥子

中村映里子

墜落した国民航空機に、たまたま非番で乗り合わせていた客室乗務員。

運輸大臣

道塚 要

螢 雪次朗

運輸大臣。半官半民の国民航空を監督する立場にある。

もっと見る