キャスト・スタッフ

CAST

寺島しのぶ / 足立梨花 / 清原果耶 / 中村ゆり / 倉科カナ / 伊藤歩

  • 寺島しのぶ
  • 足立梨花
  • 清原果耶
  • 中村ゆり
  • 倉科カナ
  • 伊藤歩

コメント:
寺島しのぶ
(佳香役)

寺島しのぶ(佳香役)

コメント:
寺島しのぶ
(佳香役)

自分は毒親なのか私は毒娘だったのか。今まで生きてきた自分の人生も振り返りつつ、今1人の息子を持つ母としてどういう感情がこの作品に投影できるのか…

コメント:
足立梨花
(弓香役)

足立梨花(弓香役)

コメント:
足立梨花
(弓香役)

台本を読んだ時、すごく面白いなと思ったのと同時に、これを自分がやることになるんだというプレッシャーも感じました…

コメント:
清原果耶
(幸奈役)

清原果耶(幸奈役)

コメント:
清原果耶
(幸奈役)

天野幸奈役で出演させて頂く、清原果耶です。撮影中は異世界にのめり込んだような、そんな感覚でした。ずっとずっと彼女“らしさ”を探していたのですが…

コメント:
中村ゆり
(涼香役)

中村ゆり(涼香役)

コメント:
中村ゆり
(涼香役)

今回私がどの話をやらさせて頂くかわからない段階で、湊かなえさんの原作を読ませて頂き、各エピソードの魅力的で面白い視点に、夢中になりました…

コメント:
倉科カナ
(明日実役)

倉科カナ(明日実役)

コメント:
倉科カナ
(明日実役)

「世の中は全体の一パーセントにも満たない優しい人の我慢と犠牲の上において、かろうじて成り立っているのだと思います」原作のこの言葉がとても印象的で…

コメント:
伊藤歩
(淑子役)

伊藤歩(淑子役)

コメント:
伊藤歩
(淑子役)

この作品の世界観が大好きで、オファーを頂けて本当に嬉しかったです。『マイディアレスト』に出演しますが、台本を頂いた時から…

原作

湊かなえ
『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(光文社文庫刊)

女優の弓香の元に、かつての同級生・理穂から届いた故郷での同窓会の誘い。欠席を表明したのは、今も変わらず抑圧的な母親に会いたくなかったからだ。
だが、理穂とメールで連絡を取るうちに思いがけぬ訃報を聞き……。(「ポイズンドーター」)
母と娘、姉と妹、友だち、男と女。善意と正しさの掛け違いが、眼前の光景を鮮やかに反転させる。名手のエッセンスが全編に満ちた極上の傑作集!

湊かなえ 『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(光文社文庫刊)

STAFF

監督: 吉田康弘(#1、#2、#5)
(「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』)

コメント:吉田康弘(監督)

コメント:吉田康弘(監督)

寺島さんを始め、本当にお芝居が達者な女優陣と、役の解釈を何度も話し合いながら撮影する日々は、とても貴重な時間でした。時に、答えのない問いに悩み、出口の見えない路地で、迷子になりかけもしましたが、お陰でとても味わい深い、豊饒な人間ドラマに仕上がっております。
はっきり言って、凄く面白いです。女優陣の刺激的な表情が満載です。是非、トラウマ覚悟でご覧ください。

  滝本憲吾(#3、#4、#6)
(「鈴木先生」「女はそれを許さない」)

コメント:滝本憲吾(監督)

コメント:滝本憲吾(監督)

社会に生きる人間をエンターテインメントに昇華しようと俳優部、スタッフと共に挑みました。普遍的な人間性、個の歪みを際立たせる事で社会の中で生きる個の意味を提示できればと思います。
各話キャストの皆様の生き様を是非お楽しみください!

脚本: 清水友佳子(#1、#2、#4)
(「リバース」「夜行観覧車」)
吉川菜美(#5、#6)
(『PとJK』『純平、考え直せ』)
藤澤浩和(#3)
(「チア☆ドル」「FOREVER14」※第1回WOWOW新人シナリオ大賞優秀賞)
音楽: きだしゅんすけ
池永正二
プロデューサー: 井上衛
澤岳司
制作協力: デジタル・フロンティア
製作著作: WOWOW
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの