新着番組
連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー

連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー
放送予定日



2019年夏放送予定
(全6話)

母と娘、姉と妹、友だち、男と女…
愛おしい愚か者たちが織りなす極上のミステリー。鮮やかに反転する6つの物語が、やがて一つの世界へ。

WOWOWで今夏より放送する「連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」。発表済みの寺島しのぶに続き、注目の各話の主演キャストを発表!
本作の原作は、人気作家・湊かなえが、母と娘の関係を軸にしながら人間の情念を抉り取るように描き、第155回直木賞候補作ともなった短編集「ポイズンドーター・ホーリーマザー」。全6話の各話に“ポイズン(毒)”を抱えた女性たちが登場する。
第一話「ポイズンドーター」、第二話「ホーリーマザー」では、寺島しのぶ演じる過干渉な母・佳香と、足立梨花演じる逆らえない娘・弓香が2話を通して対峙する。そして、第三話「罪深き女」では清原果耶がすべては自分のせいだと信じ続ける幸奈を、第四話「ベストフレンド」では中村ゆりがライバルに嫉妬心を燃やしながら脚本家を目指す涼香を、第五話「優しい人」では倉科カナが優しすぎて殺人を犯してしまう明日実を、第六話「マイディアレスト」では伊藤歩が奔放な妹と対照的に愛猫だけに心を開いて生きてきた淑子をそれぞれ演じる。原作のキャラクターの再現を重視した企画性の高いキャスティングが実現した。
それぞれの場所でそれぞれに生きる女性たちが抱く激しい情念や苦悩、そして冒してしまう過ち。しかし、見る角度が異なれば、それらは成功であり幸福でもある。人生も人間もある一面だけで判断してはならない、それがこの作品集の最大のテーマだ。彼女たちが棲むある共通した場所、それは、執念、恐怖、切迫、呆然、驚愕、爽快、感動、様々な感情が満ち溢れるいわば「ポイズンワールド」。今夏、鮮烈に繰り広げられるこの濃厚なドラマに目が離せない。
本作では、主演以外にも各話に一癖も二癖もあるキャラクターたちが登場。「ポイズンワールド」で豪華競演を果たす総勢数十名以上の実力派俳優が今後、随時、発表される。

<ストーリー>
女優・藤吉弓香(足立梨花)は、自分を思うようにコントロールしようとする母親・佳香(寺島しのぶ)の存在に小さいころから悩まされてきた。佳香は、弓香にとってまさに「毒親」。
佳香に反発して上京した弓香だったが、束縛から逃れられていたわけではなかった。佳香が裏で動いたことで男と別れ、大切な仕事を失っていたと知った弓香はトーク番組で佳香を告発、それが大きな反響を呼ぶ。
一方、佳香を知る周囲の人間たちから見れば佳香は、決して「毒親」などではなく子ども想いの良き母親だった。弓香の発言を聞いた佳香は、自分の人生を振り返ることになり、「子離れ」を決意するが…(「ポイズンドーター」「ホーリーマザー」)。
ほかに、すべては自分のせいだと信じ続ける(「罪深き女」)、脚本家をめざしライバルの活躍に苛立ちを募らせる(「ベストフレンド」)、「優しすぎて」殺人を犯してしまう(「優しい人」)、奔放な妹と対照的に40歳近くまで猫だけに心を開いてきた(「マイディアレスト」)、といったさまざまな女たちの姿が描かれていく。

関連情報

原作:湊かなえ(『ポイズンドーター・ホーリーマザー』光文社文庫刊)
監督:吉田康弘(「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」『かぞくいろ』)
   滝本憲吾(「鈴木先生」「女はそれを許さない」)
脚本:清水友佳子(「リバース」「夜行観覧車」)
   吉川菜美(『PとJK』『純平、考え直せ』)
   藤澤浩和(「チア☆ドル」「FOREVER14」※第1回WOWOW新人シナリオ大賞優秀賞)
音楽:きだしゅんすけ
プロデューサー:井上衛
        澤岳司
制作協力:デジタル・フロンティア
製作著作:WOWOW
出演:寺島しのぶ/足立梨花/清原果耶/中村ゆり/倉科カナ/伊藤歩

コメント

寺島しのぶ

自分は毒親なのか私は毒娘だったのか。今まで生きてきた自分の人生も振り返りつつ、今1人の息子を持つ母としてどういう感情がこの作品に投影できるのか、楽しみです。
今の私を出し切るつもりでやりきりたいと思います。
勧善懲悪が日本では受ける中こういう結論の出ないグレーな部分を描いていく。
WOWOWさんでこそ出来る挑戦的な作品だと思っています。

閉じる

寺島しのぶ

自分は毒親なのか私は毒娘だったのか。今まで生きてきた自分の人生も振り返りつつ、今1人の息子を持つ母としてどういう感情がこの作品に投影できるのか、楽しみです。
今の私を出し切るつもりでやりきりたいと思います。
勧善懲悪が日本では受ける中こういう結論の出ないグレーな部分を描いていく。
WOWOWさんでこそ出来る挑戦的な作品だと思っています。

足立梨花

台本を読んだ時、すごく面白いなと思ったのと同時に、これを自分がやることになるんだというプレッシャーも感じました。寺島さんの娘役、そして1.2話という大事な話数、表題のお話。不安で仕方ありませんが、頂いた弓香という役を自分なりにやり切ったと思います。寺島さんとのバトルにも注目してほしいです。そして見てくださった皆さんがなにか考えるきっかけになったり、親に連絡してみたくなったり、ドラマから影響を少しでも受けて頂けると嬉しいです。

閉じる

足立梨花

台本を読んだ時、すごく面白いなと思ったのと同時に、これを自分がやることになるんだというプレッシャーも感じました。寺島さんの娘役、そして1.2話という大事な話数、表題のお話。不安で仕方ありませんが、頂いた弓香という役を自分なりにやり切ったと思います。寺島さんとのバトルにも注目してほしいです。そして見てくださった皆さんがなにか考えるきっかけになったり、親に連絡してみたくなったり、ドラマから影響を少しでも受けて頂けると嬉しいです。

清原果耶

天野幸奈役で出演させて頂く、清原果耶です。撮影中は異世界にのめり込んだような、そんな感覚でした。ずっとずっと彼女“らしさ”を探していたのですが、未だにこれだ、と断言出来る要素を言葉にすることが出来ません。ですがただ一つ言えるのは、きっと彼女もこの世界のどこかに存在していて生きているという事。リアリズムを常に掲げ、キャスト・スタッフの皆さんとぶつかり合いながら作り上げました。楽しみにしていて下さると嬉しいです。

閉じる

清原果耶

天野幸奈役で出演させて頂く、清原果耶です。撮影中は異世界にのめり込んだような、そんな感覚でした。ずっとずっと彼女“らしさ”を探していたのですが、未だにこれだ、と断言出来る要素を言葉にすることが出来ません。ですがただ一つ言えるのは、きっと彼女もこの世界のどこかに存在していて生きているという事。リアリズムを常に掲げ、キャスト・スタッフの皆さんとぶつかり合いながら作り上げました。楽しみにしていて下さると嬉しいです。

中村ゆり

今回私がどの話をやらさせて頂くかわからない段階で、湊かなえさんの原作を読ませて頂き、各エピソードの魅力的で面白い視点に、夢中になりました。このベストフレンドという、ライバルに心を燃やす役を演じさせて頂き、誰もが何か頑張っているからこそ抱く、劣等感や不甲斐なさ、悔しい思いに素直に共感しました。そんな自分では醜く思えるような部分を滝本監督はとても無垢なものとして捉えて撮ってくださったように思います。

閉じる

中村ゆり

今回私がどの話をやらさせて頂くかわからない段階で、湊かなえさんの原作を読ませて頂き、各エピソードの魅力的で面白い視点に、夢中になりました。このベストフレンドという、ライバルに心を燃やす役を演じさせて頂き、誰もが何か頑張っているからこそ抱く、劣等感や不甲斐なさ、悔しい思いに素直に共感しました。そんな自分では醜く思えるような部分を滝本監督はとても無垢なものとして捉えて撮ってくださったように思います。

倉科カナ

「世の中は全体の一パーセントにも満たない優しい人の我慢と犠牲の上において、かろうじて成り立っているのだと思います」原作のこの言葉がとても印象的で、実際に撮影していても、とても苦しかったです。自分の意志や感情も押し殺し全て呑み込んで行く、呑み込んだものはどこにいくのか?吐き出したいけど、吐けず、役で居ることが辛かったです。全体の一パーセントにも満たない、優しい人は踏み潰され、気づかれず、当たり前のように世の中は回っていく孤独を感じました、、、。そして優しさってなんなんだろうって、私自身も思わず考えてしまいました。
本当に毒々しいドラマだな、、、完璧に清い人なんているのだろうか?って私は思います。毒があるからこそ生々しい、寧ろ美しく、魅力的、この作品は私達の大好物の作品です。

閉じる

倉科カナ

「世の中は全体の一パーセントにも満たない優しい人の我慢と犠牲の上において、かろうじて成り立っているのだと思います」原作のこの言葉がとても印象的で、実際に撮影していても、とても苦しかったです。自分の意志や感情も押し殺し全て呑み込んで行く、呑み込んだものはどこにいくのか?吐き出したいけど、吐けず、役で居ることが辛かったです。全体の一パーセントにも満たない、優しい人は踏み潰され、気づかれず、当たり前のように世の中は回っていく孤独を感じました、、、。そして優しさってなんなんだろうって、私自身も思わず考えてしまいました。
本当に毒々しいドラマだな、、、完璧に清い人なんているのだろうか?って私は思います。毒があるからこそ生々しい、寧ろ美しく、魅力的、この作品は私達の大好物の作品です。

伊藤歩

この作品の世界観が大好きで、オファーを頂けて本当に嬉しかったです。『マイディアレスト』に出演しますが、台本を頂いた時から、演じる淑子が輝くために何をしたらいいかということばかりを考えていました。とても愛着のある役を演じることができて、とても幸せな時間を過ごすことができました。1話1話濃厚な作品が詰まっています。一瞬一瞬に想いを込めて演技をしているので、是非、皆さんに見て頂けたら嬉しいです。

閉じる

伊藤歩

この作品の世界観が大好きで、オファーを頂けて本当に嬉しかったです。『マイディアレスト』に出演しますが、台本を頂いた時から、演じる淑子が輝くために何をしたらいいかということばかりを考えていました。とても愛着のある役を演じることができて、とても幸せな時間を過ごすことができました。1話1話濃厚な作品が詰まっています。一瞬一瞬に想いを込めて演技をしているので、是非、皆さんに見て頂けたら嬉しいです。

吉田康弘監督

数々の作品が映像化されてきた湊かなえ先生原作のドラマ化に携わることができ、大変光栄に思っています。本作は、昨今の分かり易い勧善懲悪なドラマとは一線を画す、インテリジェンスを備えた大人向けのドラマになると予感しております。原作にある強い毒気と鋭い社会風刺を存分に活かしながら、人間の多様性や複雑で曖昧な感情を、俳優部の皆さんとセッションしながら紡ぎ出し、血肉の通った骨太なドラマに仕立てたいと思います。ひとたび触れれば絡めとられるような、人間の業を深く抉る快作を目指し、スタッフ一同力を合わせて邁進しますので、どうぞ完成を期待して待っていて下さい。

閉じる

吉田康弘監督

数々の作品が映像化されてきた湊かなえ先生原作のドラマ化に携わることができ、大変光栄に思っています。本作は、昨今の分かり易い勧善懲悪なドラマとは一線を画す、インテリジェンスを備えた大人向けのドラマになると予感しております。原作にある強い毒気と鋭い社会風刺を存分に活かしながら、人間の多様性や複雑で曖昧な感情を、俳優部の皆さんとセッションしながら紡ぎ出し、血肉の通った骨太なドラマに仕立てたいと思います。ひとたび触れれば絡めとられるような、人間の業を深く抉る快作を目指し、スタッフ一同力を合わせて邁進しますので、どうぞ完成を期待して待っていて下さい。

原作

書影

湊かなえ『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(光文社文庫刊)
女優の弓香の元に、かつての同級生・理穂から届いた故郷での同窓会の誘い。欠席を表明したのは、今も変わらず抑圧的な母親に会いたくなかったからだ。
だが、理穂とメールで連絡を取るうちに思いがけぬ訃報を聞き……。(「ポイズンドーター」)
母と娘、姉と妹、友だち、男と女。善意と正しさの掛け違いが、眼前の光景を鮮やかに反転させる。名手のエッセンスが全編に満ちた極上の傑作集!

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの