新着番組
連続ドラマW 頭取 野崎修平

連続ドラマW 頭取 野崎修平
放送予定日



2020年1月19日(日)スタート
毎週日曜よる10:00
※第1話無料放送(全5話)

織田裕二が銀行頭取役でWOWOW帰還!
常務役・松嶋菜々子と互いの正義をぶつけ合い銀行再建に挑む!
新キャストとして小澤征悦&風間俊介の出演決定!!

WOWOWでは、主演・織田裕二が強い正義感と厚い人情で銀行の不正と戦う銀行員・野崎修平を演じて人気を博した「連続ドラマW 監査役 野崎修平」(2018年1月放送)の続編「連続ドラマW 頭取 野崎修平」を2020年1月19日(日)よる10:00から(全5話・第1話無料放送)放送することが決定した。

原作・周良貨、漫画・能田茂による同名経済漫画をドラマ化。経営悪化したおおぞら銀行の頭取に再任した野崎が、頭取の座を狙う役員たちから失脚を企てられる中、銀行を再生させようと自分の正義を信じて奮闘する痛快作だ。

今作で織田が演じる野崎修平は、おおぞら銀行国有化に伴い頭取を辞任後、産業再生機構に勤め多くの企業再建に従事し、そのノウハウを身に着けていた。荒廃したおおぞら銀行を救うべく“頭取”としてカムバックを果たし、社会に貢献できる理想的な銀行づくりを目指して改革に乗り出す。松嶋菜々子が、野崎が去った後のおおぞら銀行を常務として支えていた立川祥子役を前作に続いて演じる。さらに、新キャストとして小澤征悦と風間俊介の出演が決定!小澤が演じる取締役の京極春樹は、前作で古谷一行が演じ野崎の前に大きく立ちはだかった京極元頭取の息子。財務省主計局のエリート官僚だったが、自ら望んでアメリカの銀行に転職。その後、おおぞら銀行に役員として入り、頭取の座を奪い返すため祥子と共に野崎と対立していく。風間が演じるのは、おおぞら銀行融資部に務める石原俊之役。 石原は頭取として戻ってきた野崎の事を良く思っていなかったが、野崎から託されたミッションを遂行していくうちに考えが変わり、銀行再生の一役を担う。この2人以外にも新キャストとして、おおぞら銀行が取引する日雲商事の戦略室・音川真由美役を泉里香、頭取秘書の富永真役を渡辺翔太(Snow Man/ジャニーズJr.)、金融庁の主席検査官・紅梅勇治郎役を野間口徹、日雲商事の取締役・塩田正康役を相島一之、日雲商事の戦略室室長・村上哲也役の宮川一朗太らの出演も決定!新風を吹き込む彼らが物語をさらに加速させ、目が離せない展開に…!

また、前作に引き続き元おおぞら銀行員で企業のリスクマネジメントをする会社を起業したIRMの社長・武田真吾役を岸谷五朗、元頭取・京極雅彦役を古谷一行、野崎との対決に敗れて収監されている総会屋の東都政策研究室総帥・海藤義己役を宇梶剛士、野崎を慕う秘書・吉野美保役を瀧本美織、藤岡長沼支店調査役・坂本正義役を駿河太郎、野崎を敵視する法人営業部長・西條進役を三浦誠己、経営コンサルタント・沖田浩二役を小林且弥、毎朝新聞記者・柏木竜馬役を小市慢太郎、野崎の妻・志穂役の西田尚美らが続投!前作でも活躍していた主要人物たちが今作では野崎とどう絡み合っていくのか?!時を経て変化したそれぞれの関係性にも注目だ。 そして、実力派俳優たちと同様にスタッフも前作に引き続き脚本・前川洋一、監督・権野元、音楽・羽岡佳、石毛駿平が顔を揃える。

<ストーリー>
おおぞら銀行国有化から3年。未だ再生の兆しが見えない中、かつて監査役として厳正な態度で銀行の闇を晒した野崎修平(織田裕二)が、同行の頭取に就任。野崎はこの間、産業再生機構で多くの企業再生に携わってきており、その才覚を買われての異例の抜擢だった。成果主義やリストラで士気を失った行員たちの自信と誇りを取り戻し、社会に貢献できる理想的な銀行づくりを目指して、常務の立川祥子(松嶋菜々子)や融資部の石原俊之(風間俊介)らとともに改革に乗り出す。
そんな矢先、元エリート官僚で京極元頭取の息子・京極春樹(小澤征悦)が取締役として就任する。春樹は父親が築き上げた頭取の座を奪い返そうと、祥子とともに野崎を失脚させるため様々な策略を企てる。野崎は己の正義を貫き、おおぞら銀行を再生させることができるのか―。野崎の戦いが、再び始まる――。

関連情報

原作:周良貨・能田茂「頭取 野崎修平」(集英社刊)
脚本:前川洋一(「連続ドラマW 監査役 野崎修平」「連続ドラマW アキラとあきら」)
音楽:羽岡 佳(「連続ドラマW 監査役 野崎修平」「連続ドラマW アキラとあきら」)
   石毛駿平(「連続ドラマW 監査役 野崎修平」)
監督:権野 元(「連続ドラマW 監査役 野崎修平」「連続ドラマW 楽園」)
出演:織田裕二 松嶋菜々子 風間俊介 小澤征悦
   岸谷五朗 瀧本美織 駿河太郎 泉里香 小林且弥 渡辺翔太(Snow Man/ジャニーズJr.)
   三浦誠己 小市慢太郎 野間口徹 西田尚美 相島一之 宮川一朗太 宇梶剛士 古谷一行

コメント

主演・織田裕二(野崎修平役)

のんびりした下町の支店長から一転、身内をチェックする監査役に、そして一度外に出て企業再生を学び、野崎修平が再び頭取として戻ってきたのは国有化されたおおぞら銀行でした…。

閉じる

主演・織田裕二(野崎修平役)

のんびりした下町の支店長から一転、身内をチェックする監査役に、そして一度外に出て企業再生を学び、野崎修平が再び頭取として戻ってきたのは国有化されたおおぞら銀行でした…。真にお客様の役に立つ銀行を創りたいという彼の前に、次から次へと起こる問題。野崎修平はどんな答えを出すのか…。素敵なキャスト達が演じる様々な人の生き方を、新たなキャストも加わり、前作に引き続き信頼するスタッフと共にお届します。ご期待ください。

松嶋菜々子(立川祥子役)

立川祥子は、前作の支店長から役員へと出世するも、剛毅果敢な性格でさらなる上を目指すタフな女性です。今作では、織田裕二さん演じる野崎修平がおおぞら銀行に戻り…

閉じる

松嶋菜々子(立川祥子役)

立川祥子は、前作の支店長から役員へと出世するも、剛毅果敢な性格でさらなる上を目指すタフな女性です。今作では、織田裕二さん演じる野崎修平がおおぞら銀行に戻り、おおぞら銀行の在り方を巡り正面からぶつかりあいます。当時、男社会だった銀行業界の中で、少しも怯まず、したたかさ、強さ、潔さを持つ彼女の存在感を大事に演じたいと思います。

風間俊介(石原俊之役)

前作、『監査役 野崎修平』が好きです。骨太なストーリー、魅力的で一筋縄ではいかないキャラクター達、そして何より、画面一杯から伝わってくる、創り手達の情熱。そんな素晴らしい…

閉じる

風間俊介(石原俊之役)

前作、『監査役 野崎修平』が好きです。骨太なストーリー、魅力的で一筋縄ではいかないキャラクター達、そして何より、画面一杯から伝わってくる、創り手達の情熱。そんな素晴らしい作品の続編に、参加させて頂けることになり、興奮しています。好きな作品だからこそ、背筋を伸ばし、気を引き締め、現場を楽しみたいと思います。『頭取 野崎修平』楽しみにしていて下さい。

小澤征悦(京極春樹役)

台本を頂いた時、織田裕二さんと初めて共演させてもらえるという事で、とても嬉しかったですし、また興奮もしました。脚本もとても良く書かれていて、自分が演じさせてもらう京極春樹と…

閉じる

小澤征悦(京極春樹役)

台本を頂いた時、織田裕二さんと初めて共演させてもらえるという事で、とても嬉しかったですし、また興奮もしました。脚本もとても良く書かれていて、自分が演じさせてもらう京極春樹と織田さん演じられる野崎修平の対立関係が回を増すごとに大きくなっていき、とてもやりがいがあると感じました。おおぞら銀行を巡るそれぞれの頭脳戦、どうぞお楽しみに!

原作

周良貨・能田茂 「頭取 野崎修平」(集英社刊)

書影

©周良貨・能田茂/集英社

あおぞら銀行の国有化から2年。未だ再生の兆しが見えない中、かつて監査役として厳正な態度で銀行の闇を晒した野崎修平が、同行の頭取に就任。成果主義やリストラで士気を失った行員たちの自信と誇りを回復し、社会に貢献する銀行作りを目指し、改革を始める!!

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの