新着番組
連続ドラマW 神の手

連続ドラマW 神の手
放送予定日



6/23(日)放送スタート
毎週日曜よる10時
※第1話無料放送(全5話)

現代日本に【安楽死】は必要なのか?
「人生100年時代」の日本、同時に抱える「超高齢化社会」と「終末期医療」。
延命治療なのか、安楽死なのか。【人はいかに最期=死を迎えるか】という問題を真正面から取り上げながら、俗悪な欲望や思惑に駆られた人間たちを活写する社会派医療ドラマ!

多くの人が100歳まで人生を生きることが当たり前になる「人生100年時代」の到来が間近に迫る今、あらためて議論されている終末期医療における安楽死の是非。
患者本人をはじめ医師や家族など立場の違う、それぞれの考えや葛藤を交差させながら「人の死を人が扱う」という答えの出ない問題を題材にした久坂部羊の同名小説を連続ドラマ化、WOWOWで6/23(日)より放送する!
医療技術が発達し「生かされるための医療」も実在する現代で、耐え難い苦痛で助かる見込みのない患者に死をもって解放に導く安楽死は、終末期医療の一つの選択肢となり得るのか。
現在、安楽死が容認されているのはスイス、オランダなどの一部の国に限られ、「超高齢化社会」に突入した日本はもちろん、多くの国ではまだ認められていない。今の日本では医師による安楽死の処置は、場合によっては殺人罪になる可能性もある。

椎名桔平が演じる主人公の白川泰生は、苦渋の決断で若い末期ガン患者を安楽死させた腕利きの外科医。この安楽死処置をきっかけに、安楽死法案の成立をめぐり、医学界、政界、マスコミ、市民団体を巻き込んだ大騒動が巻き起こる。白川は推進派・反対派の両方から接近され、その激しい論争の渦の中で世論をも扇動し、翻弄されていくという難しい役どころ。椎名は話題を集めたドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に続き、これからの日本に問題提起する本作で新たな医師像を表現する。椎名と久坂部は医療ドラマ「破裂」に続き、2作目のタッグとなり、監督は映画『キセキ-あの日のソビト-』や『泣くな赤鬼』(6月14日公開)の兼重淳、脚本は田中洋史、幸修司が務める。

<ストーリー>
外科医の白川泰生(椎名桔平)は、21歳の末期ガン患者・古林章太郎に対しあらゆる手段を尽くした末、最後に安楽死の処置を選んだ。メディアでも発言権のあるジャーナリストで章太郎の母・康代はそれを告発。殺人か過失致死かで連日取り沙汰される中、かねてより議論されていた安楽死の法制化が現実味を帯びる。背後で蠢く法案成立と日本の抜本的な医療改革を企てる団体、そして反対派の医師やマスコミを使って安楽死法案の阻止を図る康代。白川はやがて激流に呑み込まれていく。

関連情報

原作:久坂部羊「神の手」(幻冬舎文庫)
監督:兼重淳(『キセキ-あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』)
脚本:田中洋史(「連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-」「Re:Mind」) /幸 修司(「バカボンのパパよりバカなパパ」)
音楽:横山克(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『コーヒーが冷めないうちに』)
出演:椎名桔平 ほか

コメント

主演・椎名桔平(白川泰生役)

久坂部羊さんの原作ドラマ化の主演は2作目となりますが、今回の意気込みをお聞かせください。
2015年にドラマ化された『破裂』に続き、今回の『神の手』で主人公の医師役を演じさせて頂く事を嬉しく思います。それと同時に久坂部先生の作者=医師だからこそのリアリティを…

閉じる

主演・椎名桔平(白川泰生役)

久坂部羊さんの原作ドラマ化の主演は2作目となりますが、今回の意気込みをお聞かせください。
2015年にドラマ化された『破裂』に続き、今回の『神の手』で主人公の医師役を演じさせて頂く事を嬉しく思います。それと同時に久坂部先生の作者=医師だからこそのリアリティを存分に感じさせられる物語は、演じる役者に覚悟を突きつけてきます。気を引き締めて、兼重監督と共に、この「禁断の医療ドラマ」に挑みたいと思っています。

“安楽死”という題材を描いた本作の脚本を読んだ時の感想を教えてください。
無意識に目を背けてきた大きな問題に、まるで自身が直面したかの様な錯覚と驚きに襲われました。医療の限界と人間の尊厳に、どう対処していかなければいけないのかを、強く、深く、考えさせられます。

視聴者の皆様にメッセージをお願いします。
すぐ先の日本に必ずやってくる、「終末期医療はどうあるべきなのか」という社会問題を、この作品を通して一緒に考えてもらえれば嬉しいですね。そして、少しでも皆さんがこの先の人生を、前に向かって生きる何かに繋がればと願っています。

原作者・久坂部羊

原作「神の手」のドラマ化についての思いをお聞かせください。
原作は安楽死を行う医師側の視点で、その是非と葛藤を描いたものです。さらに、日本の医療崩壊を阻止するため、過激な医師グループが「医療庁」の設立を画策するサイドストーリーを…

閉じる

原作者・久坂部羊

原作「神の手」のドラマ化についての思いをお聞かせください。
原作は安楽死を行う医師側の視点で、その是非と葛藤を描いたものです。さらに、日本の医療崩壊を阻止するため、過激な医師グループが「医療庁」の設立を画策するサイドストーリーを絡めています。そこに医師の不倫、政治家の暗躍、医師団体の崩壊、十人以上の殺人を入れ、小説を面白くするために〝全部盛り〟にしたような作品です。今から思うと詰め込みすぎです(笑)。それがドラマとしてどう料理されるか、楽しみにしています。

主演・椎名桔平さんについての印象を教えてください。
椎名桔平さんには、以前、拙作『破裂』のドラマ化でも主人公の医師を演じていただきました。その知性、葛藤、秘めた野望、窮地に陥ったときの懊悩など、内面の表現は素晴らしいものでした。今回の白川も、誠実であるが故に、医療の限界と不条理に翻弄される医師なので、まさに椎名桔平さんはベストのキャスティングだと、心より嬉しく思っています。

視聴者の皆様にメッセージをお願いします。
安楽死はふだん皆さんの生活にはあまり関わりがありませんが、死ぬときには必要になる場合があります。安楽死法がない日本は、「安楽死禁止法」が施行されているのも同然です。かといって、安楽死を安易に認めてしまうと、さまざまな危険が生じます。ドラマを通じて、この問題に少しでも多くの方が関心を持ち、皆さんがよりよい死を迎えるためのよすがになればと期待しています。

原作

書影

原作者プロフィール
久坂部羊(くさかべ・よう)「神の手」(幻冬舎文庫)
1955年大阪府生まれ。医師・作家。大阪大学医学部卒業。大阪大学医学部付属病院にて外科および麻酔科を研修。その後、大阪府立成人病センターで麻酔科、神戸掖済会病院で一般外科、在外公館で医務官として勤務。同人誌「VIKING」での活動を経て、2003年『廃用身』で作家デビュー。2014年『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。2016年より大阪大学医学部招へい教授を務める。その他の著書に『破裂』『無痛』『第五番』『芥川症』『嗤う名医』『告知』『介護士K』など多数。

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの