イントロダクション

幸せな人生って何だろう?気付けば別居1年――。
伊藤淳史演じる言い訳ばかりの主人公が
再び家族と暮らすために奮闘する物語。
第1回WOWOW新人シナリオ大賞受賞作。

優れたシナリオ作品の発掘とその映像化、新人脚本家の育成を目的に創設された「WOWOW新人シナリオ大賞」。
今回、応募総数399編の中から大賞に輝いた圓岡由紀恵氏の「今日、帰ります。」(原題「赤いトマト」)を映像化する。

主人公は、ごく普通の銀行員。突然妻に出て行かれて別居1年が過ぎたある日、銀行の顧客で厄介者扱いされているおばあさんの担当となり、彼女に助言をもらいながら家族が元に戻るよう奮闘する。本作では、胸に響くセリフや空気感で、リアルな別居夫婦や両親の間で悩む子ども、孤独に生きる登場人物たちの想いを表現。今までのWOWOWドラマではあまり見ることがなかった“家族の幸せ”をテーマに描かれる。

監督は映画『青の帰り道』や、俳優の山田孝之がプロデューサーを務める話題作『デイアンドナイト』を手掛けた注目の新鋭監督・藤井道人。主演の伊藤淳史は、2014年、15年の「MOZU」シリーズ以来のWOWOWドラマへの出演で、等身大の父親を熱演。伊藤と夫婦を演じる木南晴夏は結婚後初の家族ドラマ出演で、子を思う気持ちを繊細に表現する。そして、厳しいながらも二人を見守る主人公の義父には西岡德馬、さらに物語のキーパーソンでもある“厄介なおばあさん”役は、WOWOWドラマ初出演の夏木マリが演じる。

ストーリー

安定した収入、安定した生活……。
東京の銀行で働く森田克博(伊藤淳史)は、家族のために毎日黙々と仕事に励んでいた。しかしある日突然、妻の千佳(木南晴夏)が息子を連れて家を出て、山梨にある千佳の実家へと帰ってしまう。それから別居生活1年。克博は山梨の家に月1回通っていたが、千佳からは「山梨で一緒に暮らしてほしい」と言われて困惑する。

そんな中、克博は、毎日何回も連絡してきては担当者を困らせることで有名な“厄介なおばあさん”、
近藤波子(夏木マリ)の担当に。克博の身の上を知った波子は、「離婚一歩手前だ」と克博にキツい言葉を浴びせるが、週末だけでも山梨で義父の田端恒三(西岡德馬)が営む農業を手伝うよう提案。さらに“エンディングノート”ならぬ“ビギニングノート”を克博に手渡す。ノートには、克博が“家族と一緒に暮らすためにやるべきこと”が書かれており、克博は半信半疑ながらも課題を一つずつクリアしていく。

キャスト

  • 伊藤淳史
  • 木南晴夏
  • 西岡德馬
  • 夏木マリ
  • 小林未来
  • 河野うさぎ
  • 笠松将
  • 戸田昌宏

スタッフ

脚本: 圓岡由紀恵
脚本協力: 藤井道人
監督: 藤井道人
(『オー!ファーザー』『青の帰り道』『デイアンドナイト』)
音楽: 岩本裕司
(『青の帰り道』「日本ボロ宿紀行」)

コメント

コメント:伊藤淳史(森田克博役)

脚本を読んだときの感想

登場人物の気持ちの揺れや家族の愛が丁寧に描かれていて、とてもいいお話だなと思いました…

コメント:木南晴夏(森田千佳役)

脚本を読んだときの感想

やっぱり人生って色々と難しいなと思いました…

コメント:夏木マリ(近藤波子役)

脚本を読んだときの感想

私自身も人生の終末に入ってきて、エンディングノートを…

コメント:圓岡由紀恵(脚本)

「今日、帰ります。」は、家族の再生の物語です。主人公の克博が家族と一緒に暮らせるようにしたいと…

コメント:藤井道人(監督・脚本協力)

沢山の先輩方が手掛けてきたWOWOWの作品に参加できることに、興奮とプレッシャーを感じました…

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの