イントロダクション

画像
大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズの鮮烈なキャラクター“トレミー”!彼はいかにして冷酷な殺人鬼になったのか…、その原点がいま、明かされる―

WOWOWにて大人気シリーズ「殺人分析班」の
スピンオフドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」。


「殺人分析班」シリーズは、麻見和史著の原作を基に、2015年「石の繭」、
2016年「水晶の鼓動」と過去に2回WOWOWオリジナルドラマとして映像化している、
警視庁捜査一課の犯罪捜査を描く本格クライムサスペンス。捜査一課の刑事となった
如月塔子(木村文乃)が、相棒であり上司の鷹野秀昭(青木崇高)をはじめとする
捜査一課のメンバーと様々な猟奇殺人事件に立ち向かう。

画像

モルタルで体を固めて殺す、という手口が衝撃的だった殺人鬼“トレミー”こと八木沼雅人。6歳の時に母親とともに誘拐され、拭い去ることのできない暗い過去を背負った八木沼が、シリーズ1作目「石の繭」で、塔子らを脅かし、2作目「水晶の鼓動」では、塔子ら警察のピンチを救う。トレミーはシリーズで圧倒的人気を誇るアイコン的キャラクターとなった。

本作「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」は、「石の繭」事件の直前にスポットを当て、ある殺人事件をきっかけに、八木沼がトレミーへと変貌を遂げる姿を描く。原作の「石の繭 警視庁殺人分析班」のキャラクター“トレミー”からインスパイアされたドラマオリジナルのストーリーとなっている。

画像

本作で野木直哉と名前を変えた八木沼雅人を演じるのは、「石の繭」、「水晶の鼓動」に引き続き、古川雄輝。映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍し、同世代で最も注目される俳優の一人となり存在感が増した彼が、トレミー=八木沼を演じる。
今回、連続ドラマ初出演のSUMIREが、彼に想いを寄せるヒロイン浅田吉佳役を演じる。野木直哉と浅田吉佳は、静岡で中学時代を送っていた時の同級生で、成年となった2人が偶然にも川崎の同じアパートに住んでいることが発覚し、物語が展開していく。吉佳は、野木へ密かに想いを寄せるヒロイン。人と付き合うのが苦手だった2人だからこそ通じ合う何かが生まれる。野木が、どこか心の底で如月塔子(「殺人分析班」シリーズ主人公)に救いを求めていたように、本作では吉佳が、野木のいる暗い闇に差す一縷の光となる。危ういバランスで2人の気持ちが揺れ動く様も見どころだ。

画像
画像

一方で、川崎で起きた“首くくり殺人”事件の捜査本部が発足する。池田鉄洋演じる神奈川県警捜査一課刑事の井口智一が現場に配属される。井口は、刑事として確固たる信念を持っている現場主義者で、捜査線上に浮上した野木の存在を不審に思う。井口の部下・相棒として動くのが、深澤辰哉(Snow Man/ジャニーズJr.)扮する川崎南署の所轄刑事・矢島啓介。深澤は本作で刑事役に初挑戦する。矢島は、井口の言動は正しいという信念があり、井口の前では本音が出てしまう。本作で池田と深澤は初タッグとなるが、息ぴったりのコンビネーションをみせている。

画像
画像

さらに、平埜生成演じる浅田吉佳の兄・浅田剛志(30)が本作に更なる不穏な空気を漂わせる。剛志と吉佳は母親違いの兄妹。妹に金をせびり、自分の思い通りにならなければ暴力を振るうこともいとわない無慈悲な男を怪演する。剛志と野木はお互いに睨みをきかせており、剛志による吉佳への暴力を、野木が止めようとすることで、野木の抱える闇があらわになっていく。この他、千葉哲也、阿南健治、二階堂 智、鶴見辰吾ら実力派俳優が脇を固める。
監督は、本シリーズを1作目から、この殺人分析班シリーズの世界観を構築する内片輝をメインに、共同監督として山本大輔もメガホンを取る。
一人の青年が殺人鬼となるきっかけを描く本作。冷徹無比な殺人鬼誕生へと、彼を突き動かした事件とはなんだったのか?そこで彼が見たものは?驚愕の真実が待ち受ける、衝撃のクライムサスペンス!!

STORY

画像

2014年、川崎市内で女性ばかりを狙った連続殺人事件が起きる。被害者は皆、首をつられて殺されており、世間では“首くくり殺人”などと呼ばれていた。犯人の手掛かりがつかめず警察の捜査は難航するが、捜査一課の刑事・井口(池田鉄洋)はこの殺人事件の容疑者として、古びたアパートに暮らす男・野木直哉(古川雄輝)をマークしていた。

画像

野木の本名は八木沼雅人。6歳のときに母親と一緒に誘拐され、瀕死の状態で発見された“昭島母子誘拐事件”の被害者だった。野木は身元を詐称してアパートに暮らし、気配を消して息を潜めながら生活していたのだが、警察はそんな野木への疑いを深めていく。そんな中、野木は隣に住んでいた吉佳(SUMIRE)と接触。お互い恵まれない環境で育った2人に、通じ合う何かが生まれてくるのだが…。

©WOWOW・TBSスパークル/「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」パートナーズ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの