キャスト・スタッフ

CAST

賀来賢人  夏帆  松尾諭  白石隼也  /  小澤征悦  村川絵梨  清水葉月  今野杏南  /  渡辺えり

COMMENT

賀来賢人

コメント:賀来賢人(アフロ田中役)

「アフロ田中」の連続ドラマの主演が決まった心境

とても嬉しかったですし、非常に挑戦し甲斐のある作品だなと。気合いが入りました。僕もかなりの…

夏帆

コメント:夏帆(マキ役)

「アフロ田中」への出演が決まった心境

脚本が面白く、賀来くんが田中を演じるなんて、現場が楽しみ!と思っていました。女子から…

松尾諭

コメント:松尾諭(西田役)

「アフロ田中」への出演が決まった心境

共演者の方々がほぼ初めての人ばかりだったので、ワクワクとドキドキが混ざったような感じでした…

白石隼也

コメント:白石隼也(高橋役)

「アフロ田中」への出演が決まった心境

まずWOWOWのドラマで「アフロ田中」をやるのか、とナゼ僕に純真無垢な童貞・高橋くんの…

小澤征悦

コメント:小澤征悦(鈴木役)

「アフロ田中」への出演が決まった心境

初めてアフロ田中と言うタイトルを事務所から聞かされた時、もしかしたらゆる~くダマされて…

原作

のりつけ雅春
「上京アフロ田中」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

のりつけ雅春・プロフィール
のりつけ 雅春(のりつけまさはる)。埼玉県出身。
第47回新人コミック大賞ヤング部門にて「中途退学物語」が入選。
2002年に『高校アフロ田中』にてデビュー。
誰しもが共感できる、心に誠実な煩悩ギャグコメディーとして大人気を博し、
シリーズ累計570万部を超えるヒット作となる。

「アフロ田中シリーズ」は、主人公・田中広のライフステージに合わせて『高校アフロ田中』、
『中退アフロ田中』、『上京アフロ田中』、『さすらいアフロ田中』、『しあわせアフロ田中』と
タイトルの冠を変えており、現在は『ビッグコミックスピリッツ』誌上にて第6シーズンである
『結婚アフロ田中』を連載中。
現実世界と同様にリアルタイムで進行する作品特徴より、読者と一緒に歳を重ねる希有な作品。
2019年5月現在の田中は32歳。笑いと涙とエロと時に哲学まで感じる、アフロヘアーのおバカな男の人生一代記は「煩悩大河ドラマ」として今後も紡がれていく。

のりつけ雅春 「上京アフロ田中」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
のりつけ雅春 「上京アフロ田中」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

©のりつけ雅春/小学館 ©2019 WOWOW

コメント:のりつけ雅春(原作者)

「アフロ田中」の連続ドラマの主演が決まった心境

うぉー――――!!て感じ。やったー―――!!て感じ。

主演の賀来さんへ期待するポイント

田中は「ただ生まれてきたので一生懸命生きてるだけ!」なので、野心も何にもなく、ただただしあわせになりたい、そんな感じが出たら嬉しいです。

視聴者へメッセージ

僕も楽しみにしています。撮影現場にたくさん顔を出して見学したいです。

のりつけ雅春 「上京アフロ田中」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
のりつけ雅春 「上京アフロ田中」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

©のりつけ雅春/小学館 ©2019 WOWOW

STAFF

監督: 石田雄介
(『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』、「さぼリーマン甘太朗」)

コメント:石田雄介(監督)

「アフロ田中」のドラマ化が決まった心境

大好きな原作なので、単純にワクワクしました。一方で『連ドラ』にするからには、全話を貫く物語の「軸」を何にするか?『連ドラ』でしかできない事は何か?この2つを真っ先に考えはじめました…

脚本: 酒井善史
石田雄介
音楽: Koji Nakamura
牧戸 太郎
プロデューサー: 武田吉孝 
高橋信一 
渡久地翔
制作協力: 日活
制作プロダクション: ジャンゴフィルム
製作著作: WOWOW

©のりつけ雅春/小学館 ©2019 WOWOW

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの