ステージ
熊川哲也 Kバレエ カンパニー「くるみ割り人形」(2018)

熊川哲也 Kバレエ カンパニー「くるみ割り人形」(2018)

5/31(月)午前8:35

英国ロイヤル・バレエ団の元プリンシパルで世界的バレエダンサー熊川哲也率いるKバレエカンパニー。クリスマスの風物詩として毎年定番の公演「くるみ割り人形」を放送。

My番組登録者数
  • 37
熊川哲也 Kバレエ カンパニー「くるみ割り人形」(2018)

英国ロイヤル・バレエ団の元プリンシパルで世界的バレエダンサー熊川哲也率いるKバレエカンパニー。クリスマスの風物詩として毎年定番の公演「くるみ割り人形」を放送。

Kバレエカンパニーが毎年冬に上演し、恒例となっている演目。クリスマスの風物詩となっている本作を、Kバレエカンパニーが新制作したのは2005年。芸術監督の熊川哲也が精魂を傾けて演出、振り付けし、同バレエ団が第5回朝日舞台芸術賞を受賞する原動力にもなった。2008年から10年間は東京・TBS赤坂ACTシアターにて“赤坂Sacasバージョン”として披露された後、2018年以降は熊川が芸術監督を務める東京・Bunkamuraオーチャードホールに場所を移して上演されている。
19世紀初め、人形の国では以前よりねずみたちとの領地争いが起こっていた。ある日、ねずみの王様は人形王国に魔法をかけ、マリー姫をねずみに、婚約者の近衛兵隊長をくるみ割り人形に変えてしまう。魔法を解く方法はただ一つ、世界一硬いクラカトゥクくるみを割ること。だがそのためには純粋無垢な心を持つ人間の力が必要で、人形の国の王様から命を受けたドロッセルマイヤーはこの人物を探すため、人間界へと旅に出る。

収録日・収録場所

  • 2018年12月6日/東京 Bunkamuraオーチャードホール

出演

役名 役者名
マリー姫 中村祥子
くるみ割り人形王子 遅沢佑介
ドロッセルマイヤー 杉野慧
クララ 吉田このみ
雪の王 益子倭
雪の女王 戸田梨紗子

スタッフ

  • 芸術監督
    熊川哲也
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの