映画
ザ・クーリエ

ザ・クーリエ

8/4(水)深夜1:30

8/17(火)深夜0:45

「007/慰めの報酬」のO・キュリレンコが、裏社会の運び屋として生きるヒロインに扮して体当たりの熱演とセクシーな魅力を披露するノンストップサスペンスアクション。

題名の「クーリエ」とは、急な使い、特別配達人の意味。とある荷物を指定の場所へ配達する役を仰せつかった運び屋の女性が、思いも寄らぬ危険な現場にうっかり足を踏み入れることとなり、巨大犯罪組織のボスの殺害現場を目撃した重要な生き証人を暗殺の危機から救うべく、獅子奮迅の大活躍を披露。実はかつては特殊部隊の一員だったというワケアリの運び屋のヒロインを、元ボンドガールのキュリレンコが、どこまでも強く美しくセクシーに熱演。犯罪組織のボスに扮するのは、「Mank/マンク」のG・オールドマン。

My番組登録者数
  • 228
ザ・クーリエ

「007/慰めの報酬」のO・キュリレンコが、裏社会の運び屋として生きるヒロインに扮して体当たりの熱演とセクシーな魅力を披露するノンストップサスペンスアクション。

巨大犯罪組織のボス、エゼキエルが部下を殺す現場をひとりの男が目撃したことから、ついにエゼキエルは逮捕され、裁判にかけられることに。重要な生き証人たるニックは、FBI捜査官たちの厳重な保護監視下、ホテルの一室にかくまわれていた。その部屋へ、とある女性の運び屋が荷物を届けに来たところで、エゼキエルと内通していたFBIの裏切り者が彼女とニックの暗殺を図り、運び屋はニックとともに命懸けで戦うはめとなる。

作品データ

  • 原題/The Courier
  • 制作年/2019
  • 制作国/イギリス
  • 内容時間(字幕版)/99分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
配達人 オルガ・キュリレンコ
マニングス ゲイリー・オールドマン
ロバーツ特別捜査官 ダーモット・マロニー
ニック アミット・シャー
ブライアント捜査官 ウィリアム・モーズリー

スタッフ

  • 監督
    ザカリー・アドラー
  • 製作総指揮
    ザカリー・アドラーほか
  • 製作
    ジェームズ・エドワード・バーカー
  • 製作
    マーク・ゴールドバーグ
  • 製作
    デヴィッド・ハリングほか
  • 脚本
    ザカリー・アドラー
  • 脚本
    ジェームズ・エドワード・バーカー
  • 脚本
    アンディ・コンウェイほか
  • 撮影
    ミシェル・アブラモヴィッチ
  • 音楽
    ジェームズ・エドワード・バーカー
  • 音楽
    ティム・デスピック

関連特集

胸騒ぎのサスペンス特集

スリル満点のサスペンス映画9作品を特集

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

胸騒ぎのサスペンス特集

スリル満点のサスペンス映画9作品を特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの