映画
心と体と

心と体と

5/21(火)午前7:00

第67回ベルリン国際映画祭で金熊賞(最高賞)など4冠に輝き、第90回アカデミー外国語映画賞にもノミネートされるなど、世界中で絶賛を博した不思議で切ない純愛映画。

人生を半ば諦めた中年男と、内向的な若い女性。ともに孤独で不器用な2人は、なんと同じ夢を各自別々に見ていたことが判明し、かくして彼らの仲は急接近することに…。「私の20世紀」で知られるハンガリーの寡作な鬼才女性映画監督I・エニェディが、実に18年ぶりの長編劇映画として発表した本作は、その独創的なストーリーと愛らしいユーモアで、世界中の幅広い観客の共感と支持を獲得。どこか浮世離れした不思議ちゃんのヒロインを好演したA・ボルベーイは、第30回ヨーロッパ映画賞の女優賞に輝いた。

My番組登録者数
  • 177
心と体と

第67回ベルリン国際映画祭で金熊賞(最高賞)など4冠に輝き、第90回アカデミー外国語映画賞にもノミネートされるなど、世界中で絶賛を博した不思議で切ない純愛映画。

ハンガリーの首都ブダペストの郊外にある食肉処理場。そこで代理職員として働くマーリアは、内向的な性格で周囲とうまくコミュニケーションが取れず、なかなか職場になじめない。食肉処理場の責任者である中年男性のエンドレは、そんな彼女のことが気に掛かるが、片手が不自由な彼は人並みの幸せを追い求めることを半ば諦めていた。ところがひょんなことから、2人が各自、夢の中で鹿となって出会い、交流していたことが判明し…。

作品データ

  • 原題/Testrol es lelekrol
  • 制作年/2017
  • 制作国/ハンガリー
  • 内容時間(字幕版)/116分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

受賞歴

  • 第67回(2017)ベルリン国際映画祭金熊賞
  • 第67回(2017)ベルリン国際映画祭国際映画批評家連盟賞
  • 第67回(2017)ベルリン国際映画祭エキュメニカル審査員賞
  • 第67回(2017)ベルリン国際映画祭ベルリナー・モルゲンポスト読者賞

出演

役名 役者名
マーリア アレクサンドラ・ボルベーイ
エンドレ ゲーザ・モルチャーニ
クラーラ レーカ・テンキ
シャーンドル エルヴィン・ナジ

スタッフ

  • 監督
    イルディコー・エニェディ
  • 製作
    モニカ・メーチ
  • 製作
    アンドラーシュ・ムヒ
  • 製作
    エルヌー・メシュテルハーズィ
  • 脚本
    イルディコー・エニェディ
  • 撮影
    マーテー・ヘルバイ
  • 音楽
    アーダーム・バラージュ

関連特集

映画に出会う![ベルリン国際映画祭2019]

ベルリン国際映画祭を沸かせた秀作を特集

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

映画に出会う![ベルリン国際映画祭2019]

ベルリン国際映画祭を沸かせた秀作を特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの