音楽
氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~

11月23日(金・祝)午後0:00~
氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~
現在、放送予定はありません。

千葉 袖ケ浦海浜公園で開催された氣志團主催の野外フェス「氣志團万博2018」。“ありえないメンツ”が集う究極のイベントを計12時間にわたって放送。

平成30年、平成最後の夏の「氣志團万博」。2012年から千葉 袖ケ浦海浜公園で毎年開催されている“夏の終わりの風物詩”は、氣志團・綾小路 翔の呼び掛けにより、世 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

現在、放送予定はありません。

  • 初日 前編:coldrain、レキシ、フォーリミ、J(S)W、岡崎体育、SiM、KEYTALK、TRF 他

  • 氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~ 初日 後編:氣志團、打首獄門同好会、竹原ピストル、和田アキ子、BiSH、Dragon Ash 他

    千葉 袖ケ浦海浜公園で開催された氣志團主催の野外フェス「氣志團万博2018」。“ありえないメンツ”が集う究極のイベントを計12時間にわたって放送。

    初日後編のトップは初登場のオメでたい頭でなにより。アグレッシブなパフォーマンスで観客を沸かせる。雨が上がった夕刻に登場したDragon Ashは熱いパフォーマンスで、観客を酔いしれさせた。アイドルでありながら渾身のシャウトでステージに自らの爪痕を残したBiSH。歌手生活50周年を迎えた和田アキ子は、ソウルフルな圧倒的歌唱力で観客を引き付けた。
    続いて、氣志團と同じく木更津で学生時代を過ごしていたという竹原ピストルは、「故郷で歌うことに縁がなかった」とこの地で歌えることの喜びをかみしめていた。打首獄門同好会は、観客にうまい棒をばらまき、マグロ形のバルーンをクラウドサーフさせるなど演出を詰め込み盛り上げた。そして初日のラストに登場した氣志團は、意地と誇りと覚悟を感じるステージを見せ、一日を締めくくった。

    収録日・収録場所

    • 2018年9月15日/千葉 袖ケ浦海浜公園

    楽曲情報

    • オメでたい頭でなにより
      We will luck you
      オメでたい頭でなにより
    • Dragon Ash
      AMBITIOUS
      ROCKET DIVE
      Jump
      Fantasista
    • BiSH
      GiANT KiLLERS
      プロミスザスター
      ALL YOU NEED is LOVE
      BiSH-星が瞬く夜に-
    • 和田アキ子
      真夏の夜の23時
      古い日記
      Rock Steady
      Uptown Funk
      また明日も歌いましょう
      あの鐘を鳴らすのはあなた
    • 竹原ピストル
      オールドルーキー
      LIVE IN 和歌山
      よー、そこの若いの
      Amazing Grace
    • 打首獄門同好会
      島国DNA
      歯痛くて feat.Dr.COYASS
      日本の米は世界一
    • 氣志團
      スパトニック・シティ・ブビブビ- 黎明篇 -
      スポットライト
      The アイシテル
      週末番長
      落葉
      One Night Carnival
      ゆかいな仲間たち

    出演

    • オメでたい頭でなにより
    • Dragon Ash
    • BiSH
    • 和田アキ子
    • 竹原ピストル
    • 打首獄門同好会
    • 氣志團
  • 二日目 前編:ももクロ、ORANGE RANGE、スカパラ、LiSA、グループ魂、金爆 他

  • 二日目 後編:氣志團、MIYAVI、ヤバT、HYDE、森山直太朗、10-FEET、the GazettE 他

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの