映画
祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時

3/2(土)よる8:00

3/16(土)午前11:30

阿部寛演じる刑事・加賀恭一郎が難事件に挑む、東野圭吾原作の「新参者」シリーズ劇場版第2作。古いアパートで起こった絞殺事件を機に、加賀は自身の過去と対峙する。

東野圭吾の“加賀恭一郎”シリーズをもとに、TVドラマシリーズと2本のスペシャルドラマ、そして劇場版と映像化されてきた「新参者」シリーズの劇場版第2作にして完結編。テロップを使って捜査の過程を丹念に追う前半から、カットバックを駆使して謎が解き明かされる後半まですべてが見どころ。壮大なスケールの音楽と、野村芳太郎監督の名作「砂の器」に代表される松本清張ミステリーへのオマージュにニヤリとさせられる。田中麗奈演じる登紀子らTV版のキャラの再登場など、ファンにはたまらない趣向も満載だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 520
祈りの幕が下りる時

阿部寛演じる刑事・加賀恭一郎が難事件に挑む、東野圭吾原作の「新参者」シリーズ劇場版第2作。古いアパートで起こった絞殺事件を機に、加賀は自身の過去と対峙する。

葛飾区のアパートで滋賀県在住の女性の絞殺体が発見される。警視庁捜査一課の刑事たちが捜査に当たるが、これといった情報は出てこない。いつしか捜査線上に舞台演出家の博美が浮かび上がるが、彼女には鉄壁ともいえるアリバイがあった。そんな中、現場から日本橋を囲む12の橋の名前が書き込まれたカレンダーが見つかり、刑事の加賀は独自に事件を追う。やがて事件は、幼いころ加賀を捨てて家を出た彼の母親へとつながっていく。

作品データ

  • 制作年/2018
  • 制作国/日本
  • 内容時間/120分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
加賀恭一郎 阿部寛
浅居博美 松嶋菜々子
松宮脩平 溝端淳平
金森登紀子 田中麗奈
浅居厚子 キムラ緑子
宮本康代 烏丸せつこ
田島百合子 伊藤蘭

スタッフ

  • 監督
    福澤克雄
  • 脚本
    李正美
  • 撮影
    須田昌弘
  • 音楽
    菅野祐悟

関連特集

連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」放送記念!東野圭吾特集

最新の連続ドラマWの原作者の映画化作品選

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 桜田ひより

    • ★★★★★
    • tomo-k
    • 2018/12/25 22:13

    松嶋菜々子の少女時代の役の桜田ひよりちゃんの壮絶な泣き演技がとにかく凄すぎる。あのシーンだけでこの映画の全てをひよりちゃんが持って行っちゃってる。こんなに映画を 続きを読む

  • 『ミステリーで泣いたことはありますか?』

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2018/12/10 22:41

    という遠藤憲一さんのナレーションで公開当時、CMが流れていました。
    そのとおり東野圭吾らしい感動させるミステリー。しかも出演者全員、いい演技しています。ヒロイ
    続きを読む

  • 『ミステリーで泣いたことはありますか?』

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2018/12/07 22:10

    という遠藤憲一さんのナレーションで公開当時、CMが流れていました。
    そのとおり東野圭吾らしい感動させるミステリー。しかも出演者全員、いい演技しています。ヒロイン
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」放送記念!東野圭吾特集

最新の連続ドラマWの原作者の映画化作品選

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの