映画
女は二度決断する

女は二度決断する
現在、放送予定はありません。

テロにより夫と息子を奪われたヒロインが復讐に挑む社会派サスペンス。国際派女優D・クルーガーが第70回カンヌ国際映画祭女優賞など高評価を獲得。WOWOW出資作品。

トルコ系移民の夫と息子をテロで失ったその妻は、犯行がドイツの人種差別主義者たちによるものだと知り、孤立無援の復讐に挑むが……。「愛より強く」「50年後のボクたちは」などに続きドイツのF・アキン監督が放った本作は、現在世界で起こっている人種差別と、ヒロインのパーソナルな決断を結びつけた力強い快作。主演のクルーガー(「イングロリアス・バスターズ」)が孤高のヒロイン役を迫力満点かつリアルに熱演し、米国の第75回ゴールデン・グローブ賞で外国語映画賞を受賞。世界の今を伝える要注目作だ。

My番組登録者数
  • 0
女は二度決断する

テロにより夫と息子を奪われたヒロインが復讐に挑む社会派サスペンス。国際派女優D・クルーガーが第70回カンヌ国際映画祭女優賞など高評価を獲得。WOWOW出資作品。

ハンブルク。ドイツ人女性カティヤは学生時代にトルコ系移民ヌーリと出会って彼と結婚し、2人の間には幼い息子がいる。しかし外国人を狙った爆弾テロが起き、ヌーリと息子は命を奪われるが、当局はヌーリが裏社会と通じていたための事件だったと冷たく断定する。やがてネオナチの若いドイツ人夫婦が容疑者として逮捕され、裁判が開廷するが、夫婦が事件に関与したことは思うように証明されず、カティヤの復讐心に火が付いていく。

作品データ

  • 原題/Aus dem Nichts
  • 制作年/2017
  • 制作国/ドイツ/フランス
  • 内容時間(字幕版)/107分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

受賞歴

  • 第70回(2017)カンヌ国際映画祭女優賞「ダイアン・クルーガー」

出演

役名 役者名
カティヤ ダイアン・クルーガー
ダニーロ デニス・モシット
ハーバーベック ヨハネス・クリシュ
ビルギット サミア・シャンクラン
ヌーリ ヌーマン・アチャル

スタッフ

  • 監督
    ファティ・アキン
  • 製作
    ファティ・アキン
  • 製作
    ヌアハン・シェケルチ=ポルスト
  • 製作
    ヘルマン・ヴァイゲルほか
  • 脚本
    ファティ・アキン
  • 撮影
    ライナー・クラウスマン
  • 音楽
    ジョシュア・ホーミ

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 意外に法廷闘争の割合多し。

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2019/05/20 20:21

    あらすじを読むと「復讐劇」の映画か?と思いきや「復讐」は30分、「テロ事件」20分、「法廷闘争」50分、ぐらいの割合でドイツの法廷紹介のような映画。
    「ドイツは
    続きを読む

  • デス・ノートに通じるストーリー

    • ★★★☆☆
    • ノストラダムス1999
    • 2019/05/19 23:15

    「法で裁けない極悪人は」シリーズ。チャールズ・ブロンソンの「ポール・カージー」シリーズや「デス・ノート」を思いだす。主演のダイアン・クルーガーはドイツ人のハリウ 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの