{"prg_cd":"112211"}
{"prg_cd":"002169"}
{"prg_cd":"113145"}
{"prg_cd":"113252"}
{"prg_cd":"113680"}
{"prg_cd":"113242"}
{"prg_cd":"021975"}
{"prg_cd":"109950"}
{"prg_cd":"114207"}
{"prg_cd":"114312"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"114420"}
{"prg_cd":"114068"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"114622"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"113093"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"114169"}
{"prg_cd":"114270"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"114147"}
{"prg_cd":"112156"}

映画
マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年
現在、放送予定はありません。

映画やTVドラマなどで作品が使われるなど、世界的に人気が高い靴デザイナー、M・ブラニク。その半生、創作の秘密、意外な人柄に迫った、ファッションドキュメンタリー。

ドラマ「SEX AND THE CITY」や映画「マリー・アントワネット(2006)」などでも美しい靴の数々をデザインした、ファッション界のレジェンド的存在、M・ブラニク。ブラニク本人や彼と長年ゆかりがある人々へのインタビューを中心に、ブラニクが生んだ靴の数々、貴重な過去の写真・映像も紹介しながら、その半生や知られざる素顔に迫ったドキュメンタリーが本作。雑誌“ヴォーグ”の編集長A・ウィンター、ブラニク自身がお気に入りという人気歌手リアーナら豪華な面々が、次々と彼について語る。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

映画やTVドラマなどで作品が使われるなど、世界的に人気が高い靴デザイナー、M・ブラニク。その半生、創作の秘密、意外な人柄に迫った、ファッションドキュメンタリー。

1942年、スペインのカナリア諸島で生まれたブラニクは、靴作りに興味が無い少年時代を過ごし、スイスやフランスに住んだ後に引っ越したロンドンでファッション業界に飛び込み、それから住んだニューヨークで、独学で靴作りに取り組む。ロンドンに戻った彼は自身の店を成功させ、1980年代以降、世界的に名声を獲得する。愛する自然やアフリカ文化から影響を受けたと認めるブラニクは、自分に孤独を好む一面があると明かす。

作品データ

  • 原題/Manolo: The Boy Who Made Shoes for Lizards
  • 制作年/2017
  • 制作国/イギリス
  • 内容時間(字幕版)/90分
  • ジャンル/ドキュメンタリー

出演

  • マノロ・ブラニク
  • アナ・ウィンター
  • リアーナ
  • パロマ・ピカソ
  • ジョン・ガリアーノ
  • ソフィア・コッポラ

スタッフ

  • 監督
    マイケル・ロバーツ
  • 製作
    ニール・ツァイガー
  • 製作
    ブロンウィン・コスグレイヴ
  • 製作
    ジリアン・モズリー
  • 脚本
    マイケル・ロバーツ
  • 撮影
    ニコラ・デイリー
  • 音楽
    ブライアン・ベネット
  • 音楽
    ウォーレン・ベネット

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの