{"prg_cd":"113141"}
{"prg_cd":"113503"}
{"prg_cd":"019948"}
{"prg_cd":"113116"}
{"prg_cd":"105087"}
{"prg_cd":"011310"}
{"prg_cd":"001459"}
{"prg_cd":"021430"}
{"prg_cd":"111716"}
{"prg_cd":"111906"}
{"prg_cd":"113144"}
{"prg_cd":"016848"}
{"prg_cd":"113138"}
{"prg_cd":"113266"}
{"prg_cd":"113535"}
{"prg_cd":"113496"}
{"prg_cd":"113256"}
{"prg_cd":"113528"}
{"prg_cd":"113354"}
{"prg_cd":"114041"}
{"prg_cd":"010105"}
{"prg_cd":"114296"}
{"prg_cd":"015217"}
{"prg_cd":"001351"}
{"prg_cd":"112002"}

映画
オール・アイズ・オン・ミー

オール・アイズ・オン・ミー

12/14(金)午前6:30

1996年、凶弾に倒れ、25歳の若さでこの世を去った伝説的ラッパー、トゥパック。現在のヒップホップブームの潮流を作った彼の波乱の人生を映画化した音楽伝記映画。

1990年代、ミリオンセラー・アルバムを連発して、ヒップホップ界のカリスマに一躍のし上がり、ブラックムービーの人気俳優としても活躍。アルバムの売り上げ総数は7500万枚を超え、2017年にはロックの殿堂入りを果たすなど、死後の今日もなお絶大な人気を誇る伝説的ラッパー、トゥパック。彼の波瀾万丈の人生を、4000人ものオーディションの中から主役に抜擢された注目の新人D・シップ・ジュニアが、すっかりトゥパック本人になりきって熱演。全米での公開時には、初登場No.1ヒットを記録した。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 140
オール・アイズ・オン・ミー

1996年、凶弾に倒れ、25歳の若さでこの世を去った伝説的ラッパー、トゥパック。現在のヒップホップブームの潮流を作った彼の波乱の人生を映画化した音楽伝記映画。

1971年、ともにブラックパンサーの党員である両親のもと、NYのハーレムに生まれ、黒人に対する差別や偏見を目の当たりにしながら成長したトゥパック。やがて西海岸に移住し、ラッパーを志すようになった彼は、グループでの活動を経て1991年に待望のソロデビュー。さらには映画俳優としても活躍し、スターダムを一気に駆け上がっていく。その一方で、彼はヒップホップ界における熾烈な東西抗争に巻き込まれるようになる。

作品データ

  • 原題/All Eyez on Me
  • 制作年/2017
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/140分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
トゥパック ディミートリアス・シップ・ジュニア
ジェイダ・ピンケット カット・グレアム
ドクター・ドレー ハロルド・ハウス・ムーア
アフェニ・シャクール ダナイ・グリラ
シュグ・ナイト ドミニク・サンタナ

スタッフ

  • 監督
    ベニー・ブーム
  • 製作
    ジェームズ・G・ロビンソン
  • 製作
    デヴィッド・ロビンソン
  • 製作
    L・T・ハットン
  • 脚本
    ジェレミー・ハフト
  • 脚本
    エディ・ゴンザレス
  • 脚本
    スティーヴン・バガトゥーリアン
  • 撮影
    ピーター・メンジース・ジュニア
  • 音楽
    ジョン・パエザーノ

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの