{"prg_cd":"011985"}
{"prg_cd":"113552"}
{"prg_cd":"113050"}
{"prg_cd":"112985"}
{"prg_cd":"112628"}
{"prg_cd":"113144"}
{"prg_cd":"112965"}
{"prg_cd":"112791"}
{"prg_cd":"112994"}
{"prg_cd":"113356"}
{"prg_cd":"113247"}
{"prg_cd":"112972"}
{"prg_cd":"019361"}
{"prg_cd":"019313"}
{"prg_cd":"017270"}
{"prg_cd":"017941"}
{"prg_cd":"112713"}
{"prg_cd":"112601"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113259"}
{"prg_cd":"112762"}
{"prg_cd":"113348"}
{"prg_cd":"113179"}
{"prg_cd":"112959"}
{"prg_cd":"113903"}

映画
超級護衛 スーパー・ボディガード

超級護衛 スーパー・ボディガード

10/28(日)午後3:00

11/22(木)午前8:55

ブルース・リーの再来と呼ばれるユエ・ソンが監督・脚本・主演を担当した格闘アクション。ある令嬢を護衛する武道家が、裏社会の人間になった兄弟子との因縁の対決に臨む。

ブルース・リーが創始した武道“ジークンドー”を学び、自らも武道家にしてアクション俳優となったユエ・ソン。その彼が、主演のみならず監督・脚本も務めた本格格闘アクション。亡き師匠から秘伝の武道の奥義を受け継いだ主人公と、同じ師匠に学びながら継承者には選ばれなかったことに劣等感を抱いていた兄弟子。2人はやがて、一方は令嬢のボディーガードとして、他方は犯罪組織の幹部として相まみえることに……。切れ味鋭い体技を基本にして、ワイヤーワークでの演出を加えた骨太なアクションが見応え十分だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 275
超級護衛 スーパー・ボディガード

ブルース・リーの再来と呼ばれるユエ・ソンが監督・脚本・主演を担当した格闘アクション。ある令嬢を護衛する武道家が、裏社会の人間になった兄弟子との因縁の対決に臨む。

山奥で武道“鉄足拳”を学び、一弟子相伝の奥義を継承した青年ウー・リン。ある時、師が亡くなり、ウーは見聞を広めるため都会へとやって来る。彼はそこで、兄弟子だったジャンと再会する。弟弟子のウーが奥義継承者に選ばれたことに複雑な想いを抱えるジャンは、武道を捨てて闇組織の幹部となっていた。程なく、ウーは暴漢たちに襲われていた街の有力者を助けたことから、彼の娘フェイのボディーガードを依頼されることに……。

作品データ

  • 原題/超級保ひょう(「ひょう」は金偏に票)
  • 制作年/2016
  • 制作国/中国
  • 内容時間(字幕版)/90分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ウー・リン ユエ・ソン
ジャン・リー シン・ユー
フェイ リー・ユーフェイ
ボス チャーリー・チャン
若き日のボス コリン・チョウ

スタッフ

  • 監督
    ユエ・ソン
  • 製作
    コン・リンチェン
  • 製作
    ハティ・ユー
  • 脚本
    ユエ・ソン
  • 撮影
    チャン・ジンファンほか
  • 音楽
    デレク・チャオ

関連特集

特集:超絶肉弾アクション

生身の迫力を追求したアクション映画を特集

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

特集:超絶肉弾アクション

生身の迫力を追求したアクション映画を特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの