{"prg_cd":"108372"}
{"prg_cd":"113417"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113415"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"113400"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113357"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113412"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"112450"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"112323"}
{"prg_cd":"113210"}
{"prg_cd":"113373"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"113025"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"111313"}
{"prg_cd":"112208"}
{"prg_cd":"112533"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"113125"}
{"genre_cd":"01"}

ステージ
蜷川幸雄から受け継いだシェイクスピア全37作 完全上演へ向かって 密着×舞台「アテネのタイモン」

蜷川幸雄から受け継いだシェイクスピア全37作 完全上演へ向かって
現在、放送予定はありません。

蜷川幸雄がシェイクスピア全37作の完全上演を目指したシリーズの完結へ向け、“恩師”の遺志を継ぐ吉田鋼太郎と藤原竜也ら出演者たちによる渾身の舞台誕生までに密着。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
蜷川幸雄から受け継いだシェイクスピア全37作 完全上演へ向かって

蜷川幸雄がシェイクスピア全37作の完全上演を目指したシリーズの完結へ向け、“恩師”の遺志を継ぐ吉田鋼太郎と藤原竜也ら出演者たちによる渾身の舞台誕生までに密着。

埼玉 彩の国さいたま芸術劇場は、1998年より蜷川幸雄を芸術監督に招き「彩の国シェイクスピア・シリーズ」を開催してきた。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲全37作の完全上演を目指したが、蜷川は2016年に志半ばで病没。2代目芸術監督に就任したのが吉田鋼太郎。その吉田が同シリーズで初めて演出した「アテネのタイモン」が2017年12月に同劇場で上演された。
番組は稽古初日から千秋楽まで密着した。主演も務めた吉田、15歳から蜷川の薫陶を受けてきた俳優・藤原竜也、演劇集団ニナガワ・スタジオ出身の俳優ら関係者が蜷川の遺志を継ぎ、新たにシリーズを前進させようと奮闘する姿に迫った。中でも、蜷川の“弟子”の筆頭格ともいえる吉田と藤原が俳優としてぶつかり合う2人だけのシーンは大きな話題となったが、その稽古風景も収録した。また、2人へのインタビューでは、出会いから別れまで蜷川幸雄への強い想いが語られた。(2018年)

出演

  • 吉田鋼太郎
  • 藤原竜也
  • 柿澤勇人
  • 横田栄司
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの