{"prg_cd":"112240"}
{"prg_cd":"002213"}
{"prg_cd":"113069"}
{"prg_cd":"113085"}
{"prg_cd":"113194"}
{"prg_cd":"113761"}
{"prg_cd":"113562"}
{"prg_cd":"114154"}
{"prg_cd":"113074"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"114204"}
{"prg_cd":"114293"}
{"prg_cd":"114287"}
{"prg_cd":"113886"}
{"prg_cd":"114420"}
{"prg_cd":"114168"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"113841"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"114200"}
{"prg_cd":"113643"}
{"prg_cd":"113905"}

映画
ディストピア パンドラの少女

ディストピア パンドラの少女
現在、放送予定はありません。

病原菌によってゾンビのような怪物と化した人間“ハングリーズ”が蔓延した近未来を舞台に、感染しながら理性を保つ少女をめぐって人間たちの思惑が交錯するSFホラー。

M・R・ケアリーのベストセラー小説を映画化。人間をゾンビのように変える病原菌で世界の秩序が崩壊した近未来で、菌と共存し、理性と知性を持ったまま凶暴性をコントロールできる少女が発見される。果たして彼女は人類の希望となれるのか? ゾンビ映画の変奏曲だがホラー要素は薄く、少女と人間たちの関係を通じて、人類の未来の可能性や人間性とは何かを描いたSFとして見応えある作品となった。少女役を新人S・ナニュアが好演、「人生はシネマティック!」のJ・アータートン、名女優G・クローズが共演する。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ディストピア パンドラの少女

病原菌によってゾンビのような怪物と化した人間“ハングリーズ”が蔓延した近未来を舞台に、感染しながら理性を保つ少女をめぐって人間たちの思惑が交錯するSFホラー。

突然変異した真菌に感染し、生きた肉への食欲のみに支配される“ハングリーズ”と化した人間が蔓延する世界。感染を逃れた人間が暮らす基地の中で、ヘレンは菌と共生し、感染しながらも思考能力を残す少年少女を相手に教師を務めていた。そんな子どもたちの中でも、少女メラニーは非感染者と変わらない知性と理性を保ち続ける特異な存在だった。一方、科学者キャロラインはメラニーからワクチンを作るべく研究を進めていたが……。

作品データ

  • 原題/The Girl with All the Gifts
  • 制作年/2016
  • 制作国/イギリス/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/111分
  • ジャンル/ホラー・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
メラニー セニア・ナニュア
ヘレン・ジャスティノー ジェマ・アータートン
エディ・パークス軍曹 パディ・コンシダイン
キャロライン・コールドウェル博士 グレン・クローズ
ジーン・セルカーク博士 アナマリア・マリンカ
キーラン・ギャラガー一等兵 フィサヨ・アキナデ

スタッフ

  • 監督
    コーム・マッカーシー
  • 製作
    カミール・ガティン
  • 製作
    アンガス・ラモント
  • 脚本
    M・R・ケアリー
  • 撮影
    サイモン・デニス
  • 音楽
    クリストバル・タピア・デ・ヴィーア

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの