ステージ
ムロツヨシ/muro式.

ムロツヨシ/muro式.

10 シキ

5/13(水)午後5:00

ムロツヨシがほぼ毎年上演してきた舞台シリーズ「muro式」。出演、演出のほか一部作品の脚本も手掛けるムロが、ゲストの俳優とともにオムニバス形式で綴る会話劇。

俳優ムロツヨシが主宰する舞台シリーズ「muro式」。2008年に第1回が上演され、2018年で10年目の第11回公演を迎えた。出演は、ムロのほか、「muro式」 続きを読む

My番組登録者数
  • 249
  • ムロツヨシ/muro式.

    10 シキ

    5/13(水)午後5:00 5/13(水)午後5:00
  • 5 「+」~足しましょう、~

  • 6 「グラフ」~その式を、グラフで表しなさい~

  • 7 ∴(ユエニ)

  • ムロツヨシ/muro式. 8 2 3 5 7 11 13 17...

    俳優ムロツヨシが企画し、自ら脚本・演出・出演の3役をこなす舞台シリーズ。ヨーロッパ企画の永野宗典と本多力をゲストに、第8回公演も新たなムロワールドを展開した。

    俳優ムロツヨシが主宰する舞台シリーズ「muro式」。2008年に第1回が上演され、2018年で10年目の公演を迎えた。出演は、ムロのほか、「muro式」最多出演となる劇団「ヨーロッパ企画」所属の俳優2人・永野宗典、本多力ら、ムロと気心の知れた役者たち。彼らがムロの演出の下、テンポのよい会話劇を繰り広げる。今回はシリーズ第8回公演をお届けする。
    【第8回公演】
    2014年に上演された第8回公演。ムロツヨシ、永野宗典、本多力が出演。「2 3 5 7 11 13 17...」では、ある男が主人公。男には3つの人生(ムロ、永野、本多)が同時並行して進んでいた。だが、37歳のある日、神のおぼしめしでどれか1つの人生が選ばれることになる。3つの人生は、おのおのが歩んできた日々を振り返る。
    「11月29日、17時19分~17時47分」は、痴漢を疑われた男(ムロ)と、彼の冤罪を証明した画家ヒライ(永野)、ヒライの弟(本多)の物語。男は、恩人であるヒライの個展へ出向く。だが、ネガティブな感想ばかり言う男。傷つくヒライを見た弟から、配慮のなさを叱咤される。
    「ウィンタータイムマシンズ・ハイ」では、偶然タイムマシンを発見した男たち(ムロ、永野)が、マシンを無断で使用していた。すると、マシンの中から現われた開発者(本多)に、時間の流れに矛盾が生じると世界が消滅する可能性を示唆される。

    収録日・収録場所

    • 2014年12月7日/東京 紀伊國屋ホール

    出演

    • ムロツヨシ
    • 永野宗典(ヨーロッパ企画)
    • 本多力(ヨーロッパ企画)

    スタッフ

    • 演出
      ムロツヨシ
    • 脚本
      ムロツヨシ
    • 脚本
      永野宗典(ヨーロッパ企画)
    • 脚本
      本多力(ヨーロッパ企画)
    • 脚本
      ふじきみつ彦
    • 脚本
      上田誠
  • 9 =(イコール)

  • 9.5 答え

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの