{"prg_cd":"113034"}
{"prg_cd":"112579"}
{"prg_cd":"113091"}
{"prg_cd":"112990"}
{"prg_cd":"012752"}
{"prg_cd":"013851"}
{"prg_cd":"112991"}
{"prg_cd":"110451"}
{"prg_cd":"113121"}
{"prg_cd":"101510"}
{"prg_cd":"112184"}
{"prg_cd":"112771"}
{"prg_cd":"112823"}
{"prg_cd":"113173"}
{"prg_cd":"106199"}
{"prg_cd":"112378"}
{"prg_cd":"111960"}
{"prg_cd":"102884"}
{"prg_cd":"112708"}
{"prg_cd":"107312"}
{"prg_cd":"106207"}
{"prg_cd":"111951"}
{"prg_cd":"113037"}
{"prg_cd":"113210"}
{"prg_cd":"113086"}
{"genre_cd":"01"}

映画
残像

残像

8/27(月)よる11:00

WOWOWシネマ 初回 字幕版 5.1

9/18(火)午前9:15

WOWOWシネマ 字幕版 5.1

第2次世界大戦後のポーランドで個人の自由を求めて闘い続けた実在の前衛芸術家の姿を力強く描写。ポーランドの巨匠、A・ワイダ監督の遺作となった入魂の伝記ドラマ。

第2次世界大戦後のポーランドにおいて、ソ連の主導の下、社会主義リアリズム路線が敷かれ、それとは相いれない芸術家たちが次々と弾圧されていく中、あくまで自らの信念を孤高に貫いて生きた実在の前衛画家、W・ストゥシェミンスキ。彼の不撓不屈の生きざまを、「地下水道」「灰とダイヤモンド」など、数々の名作で知られるワイダ監督が、渾身の力を込めて描写。本国での劇場公開を待たずに同監督は90歳で他界し、本作が惜しくも彼の遺作となった。主演は「鉄の男」などでもワイダ監督と組んだ名優B・リンダ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 329
残像

第2次世界大戦後のポーランドで個人の自由を求めて闘い続けた実在の前衛芸術家の姿を力強く描写。ポーランドの巨匠、A・ワイダ監督の遺作となった入魂の伝記ドラマ。

第2次世界大戦後、ポーランドは、ナチスドイツの占領から解放されたものの、今度はソ連の社会主義体制の傘下に組み込まれることに。そのソ連の主導の下、社会主義リアリズム路線が強力に推し進められる中、戦前からポーランドきっての前衛画家として活躍し、ウッチ造形大学で後進の指導育成に当たっていたストゥシェミンスキは、その非妥協的な姿勢が当局の批判を招いて創作活動が困難となり、ついには大学から追放されてしまう。

作品データ

  • 原題/Powidoki
  • 制作年/2016
  • 制作国/ポーランド
  • 内容時間(字幕版)/100分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ ボグスワフ・リンダ
ハンナ ゾフィア・ヴィクラシュ
ユリアン・プシボシ クシシュトフ・ピチェンスキ
ニカ・ストゥシェミンスカ ブロニスワバ・ザマホフスカ
ヴウォジミェシュ・ソコルスキ シモン・ボブロフスキ

スタッフ

  • 監督
    アンジェイ・ワイダ
  • 製作
    ミハウ・クフィェチンスキ
  • 原案
    アンジェイ・ワイダ
  • 脚本
    アンジェイ・ムラルチク
  • 撮影
    パヴェウ・エデルマン
  • 音楽
    アンジェイ・パヌフニク

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの