{"prg_cd":"111913"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113646"}
{"prg_cd":"113508"}
{"prg_cd":"113647"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"112793"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113250"}
{"prg_cd":"113723"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"113259"}

映画
溺殺魔 セバスチャン・ドナー

溺殺魔 セバスチャン・ドナー
現在、放送予定はありません。

水があるところ、この殺人鬼は現われる……。誰かを水中に引き込んでは殺す“溺殺魔”の恐怖を描いたホラー。監督は「THE BITE 変身する女」のC・アーチボルド。

見方によっては日本生まれのJホラー「リング」の貞子や「呪怨」の伽椰子や俊雄に影響を受けたような、スーパーナチュラルな殺人鬼が“溺殺魔”ことセバスチャン。ビジュアル面では、よりダイレクトなショッキング描写を満載した、鬼才アーチボルド監督らしい恐怖編が本作だ。ある体験を機に、水を徹底的に嫌うようになったヒロイン、マディソン。彼女や周囲の美女たちに次々と危機が襲い掛かり……。劇中のある場面に登場する固有名詞“クレイヴン”はアーチボルド監督のウェス・クレイヴン監督へのリスペクトか。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
溺殺魔 セバスチャン・ドナー

水があるところ、この殺人鬼は現われる……。誰かを水中に引き込んでは殺す“溺殺魔”の恐怖を描いたホラー。監督は「THE BITE 変身する女」のC・アーチボルド。

若い女性マディソンは親友ハナの結婚式で花嫁の介添人になるよう頼まれるが、水の存在を極端に嫌うという恐怖症にかかっていたマディソンは、その影響もあってどう返答するか、思わず躊躇してしまう。そんなマディソンのため、ハナは友人コビーの知り合いである霊能者キャスリンを呼び、マディソンに“水恐怖症”を克服させようとするが、心療療法は結局、無駄に終わる。それから悲劇的な事態がマディソンたちの周囲で起きていく。

作品データ

  • 原題/The Drownsman
  • 制作年/2014
  • 制作国/カナダ
  • 内容時間(字幕版)/86分
  • ジャンル/ホラー

出演

役名 役者名
マディソン ミシェル・マイレット
ハナ キャロライン・コリツキ
コビー ジェマ・バード・マシソン
ローレン シドニー・コンドラス
キャスリン クレア・バステイブル
“溺殺魔”セバスチャン・ドナー ライ・バレット

スタッフ

  • 監督
    チャド・アーチボルド
  • 製作
    チャド・アーチボルド
  • 製作
    クリストファー・ジロー
  • 脚本
    チャド・アーチボルド
  • 脚本
    コーディ・キャラハン
  • 撮影
    マーク・フォランド
  • 音楽
    ステファニー・コープランド

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの