{"prg_cd":"112988"}
{"prg_cd":"114154"}
{"prg_cd":"113074"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"114204"}
{"prg_cd":"114287"}
{"prg_cd":"113886"}
{"prg_cd":"114293"}
{"prg_cd":"114168"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"114188"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"114420"}
{"prg_cd":"113841"}
{"prg_cd":"114200"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"113643"}
{"prg_cd":"113119"}
{"prg_cd":"113898"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"111509"}
{"prg_cd":"112133"}

映画
リベンジ・リスト

リベンジ・リスト
現在、放送予定はありません。

妻を殺され、憤怒に駆られる復讐鬼をJ・トラヴォルタが力演。元特殊部隊工作員の主人公が、悪党たちをひとりひとり始末していく姿がカタルシス満点のリベンジアクション。

妻を殺された上、逮捕された容疑者も組織の報復を怖れる警察によって釈放されてしまった。あまりに理不尽な仕打ちに、男は憤怒の化身となって悪党たちに復讐の鉄槌を下し始める。「96時間」のヒットなどをきっかけに、一つのジャンルとなっている“オヤジアクション”の系譜に連なるリベンジアクション。元特殊部隊工作員という復讐の主人公を演じたベテラン俳優トラヴォルタ渾身の肉弾アクションが見もの。主人公の相棒役で、TVドラマ「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」のC・メローニが共演。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
リベンジ・リスト

妻を殺され、憤怒に駆られる復讐鬼をJ・トラヴォルタが力演。元特殊部隊工作員の主人公が、悪党たちをひとりひとり始末していく姿がカタルシス満点のリベンジアクション。

特殊部隊工作員という危険な仕事から足を洗い、愛する妻との平穏な暮しを選んだスタン。だがある日、彼は暴漢に襲われて重傷を負い、目前で妻を惨殺されてしまう。やがて実行犯が逮捕されるが、犯人が裏社会に君臨するボス、レミ・Kの組織の人間だったことから、組織を怖れる警察の判断で釈放されてしまう。理不尽な暴力と無力な警察に絶望したスタンは、激しい怒りに身を任せ、妻の殺害に関わった悪党たちへの復讐を開始する。

作品データ

  • 原題/I Am Wrath
  • 制作年/2016
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/91分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
スタンリー(スタン)・ヒル ジョン・トラヴォルタ
デニス クリストファー・メローニ
アビー アマンダ・シュル
ギブソン刑事 サム・トラメル
メザーブ州知事 パトリック・セント・エスプリト
ビビアン レベッカ・デモーネイ

スタッフ

  • 監督
    チャック・ラッセル
  • 製作
    マイケル・メンデルソーン
  • 製作
    ロバート・カーライナー
  • 脚本
    ポール・スローン
  • 撮影
    アンジェイ・セクラ
  • 音楽
    ハイム・メイザー

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • さすが トラヴォルタ 期待を裏切らない面白さ

    • ★★★★★
    • Hdmaster
    • 2018/06/15 16:50

    リーアム・ニーソンともシュワルツェネッガー、など「眠れる獅子を起こすな!」を守らないで 起こしてしまい、やられる映画は多いいが、ジョン・トラヴォルタもさすが息の 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの