{"prg_cd":"111915"}
{"prg_cd":"111647"}
{"prg_cd":"111714"}
{"prg_cd":"022022"}
{"prg_cd":"112707"}
{"prg_cd":"112767"}
{"prg_cd":"112531"}
{"prg_cd":"111805"}
{"prg_cd":"113345"}
{"prg_cd":"111608"}
{"prg_cd":"108745"}
{"prg_cd":"113117"}
{"prg_cd":"113259"}
{"prg_cd":"014989"}
{"prg_cd":"103407"}
{"prg_cd":"100747"}
{"prg_cd":"111194"}
{"prg_cd":"112323"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113121"}
{"prg_cd":"109620"}
{"prg_cd":"021880"}
{"prg_cd":"103873"}
{"prg_cd":"110182"}
{"prg_cd":"112085"}

映画
灼熱

灼熱

10/8(月・祝)深夜1:30

クロアチア紛争を背景に、互いに民族の異なる男女が愛憎劇を繰り広げるさまを3話オムニバス形式で描き、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞に輝いた秀作。

1991年、旧ユーゴスラビア連邦からのクロアチアの分離独立をめぐって同地で民族紛争が生じ、クロアチア人とセルビア人の間で対立が激化することに。この歴史的悲劇を背景に、互いに民族の異なる男女のカップルが、愛と憎しみの感情の間で揺れ動き、引き裂かれるさまを、同じ男女の主演俳優が、1991年、2001年、2011年という3つの時代、3つの異なる物語・人物設定を演じ分けながら鮮烈に描写。その斬新な表現形式が評判を呼び、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でみごと審査員賞に輝いた。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 147
灼熱

クロアチア紛争を背景に、互いに民族の異なる男女が愛憎劇を繰り広げるさまを3話オムニバス形式で描き、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞に輝いた秀作。

〈1991年 イェレナとイヴァン〉互いに深く愛し合う、セルビア人の娘イェレナとクロアチア人の青年イヴァン。2つの民族同士の対立が激しさを増す中、2人は戦火を逃れてよその地へ移り住む計画を立てていたが、その出発当日、イェレナの兄のサーシャが妹を無理やり家に連れ帰ろうと邪魔だてし、それに抗議するイヴァンの身に悲劇が生じることに。以下、〈2001年 ナタシャとアンテ〉〈2011年 マリヤとルカ〉と続く。

作品データ

  • 原題/Zvizdan
  • 制作年/2015
  • 制作国/クロアチア/スロベニア/セルビア
  • 内容時間(字幕版)/124分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

受賞歴

  • 第68回(2015)カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞

出演

役名 役者名
イェレナ/ナタシャ/マリヤ ティハナ・ラゾヴィッチ
イヴァン/アンテ/ルカ ゴーラン・マルコヴィッチ
イェレナの母親/ナタシャの母親ゾルカ ニヴェス・イヴァンコヴィッチ
サーシャ ダド・チョーシッチ
ボージョ/イヴノ スティッペ・ラドヤ

スタッフ

  • 監督
    ダリボル・マタニッチ
  • 製作
    アンキツァ・ユリッチ・ティリッチ
  • 脚本
    ダリボル・マタニッチ
  • 撮影
    マルコ・ブルダル
  • 音楽
    アレン・シンカウズ
  • 音楽
    ネナド・シンカウズ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの