映画
女殺油地獄(1992)

女殺油地獄(1992)
現在、放送予定はありません。

近松門左衛門の同名人形浄瑠璃を、五社英雄監督が樋口可南子の主演で映画化。「鬼龍院花子の生涯」以降、さまざまな女性の情念を描き続けた同監督の遺作となった愛憎劇。

「曽根崎心中」「心中天網島」など、数々の名作で知られる江戸時代随一の人形浄瑠璃・歌舞伎作者、近松門左衛門。彼の晩年の一作で既に何度も映画化されていた題材を、五社監督が原作の随所に大胆な改変を施しながら新たにリメイク。女道楽にうつつを抜かす油屋の放蕩息子をいさめようとして自らも深みにはまっていく元乳母のヒロインを、樋口可南子が鮮烈に演じるほか、堤真一、藤谷美和子も好演を披露。撮影中から体調を崩していた五社監督は、映画の公開後間もなくがんで死去し、本作が惜しくも彼の遺作となった。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
女殺油地獄(1992)

近松門左衛門の同名人形浄瑠璃を、五社英雄監督が樋口可南子の主演で映画化。「鬼龍院花子の生涯」以降、さまざまな女性の情念を描き続けた同監督の遺作となった愛憎劇。

大阪の油屋、豊島屋の女房・お吉が、何者かに惨殺され、すっかり血と油まみれになった状態で発見される。お吉は以前、豊島屋がのれん分けをしてもらった油屋の老舗・河内屋に奉公し、そこの次男坊・与兵衛の乳母代わりもしていた。すっかりグレて放蕩息子に育った与兵衛が、油屋の元締たる小倉屋のひとり娘・小菊と密会を重ねていることを知ったお吉は、やむなくその尻ぬぐいに奔走するが、与兵衛は一向に態度を改めようとせず…。

作品データ

  • 制作年/1992
  • 制作国/日本
  • 内容時間/113分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
豊島屋お吉 樋口可南子
河内屋与兵衛 堤真一
小倉屋小菊 藤谷美和子
河内屋徳兵衛 井川比佐志
豊島屋七左衛門 岸部一徳

スタッフ

  • 監督
    五社英雄
  • 脚本
    井手雅人
  • 撮影
    森田富士郎
  • 音楽
    佐藤勝

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの