{"prg_cd":"113845"}
{"prg_cd":"113540"}
{"prg_cd":"114066"}
{"prg_cd":"111291"}
{"prg_cd":"114574"}
{"prg_cd":"113377"}
{"prg_cd":"114823"}
{"prg_cd":"114324"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"113878"}
{"prg_cd":"114044"}
{"prg_cd":"113093"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113881"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"114214"}
{"prg_cd":"114606"}
{"prg_cd":"113914"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"113747"}
{"prg_cd":"114840"}
{"prg_cd":"114207"}
{"prg_cd":"112632"}
{"prg_cd":"114270"}

ドラマ
連続ドラマW バイバイ、ブラックバード (全6話)

連続ドラマW バイバイ、ブラックバード
現在、放送予定はありません。

伊坂幸太郎小説初の連続ドラマ化。絶体絶命を前に、5股中の彼女たちに別れを告げて回るダメ男と、その監視役の怪女の行く末を描く。高良健吾、城田優が熱演。

作家・伊坂幸太郎の同名小説をドラマ化する。伊坂といえば、2004年に「アヒルと鴨のコインロッカー」で第25回吉川英治文学新人賞、2008年に「ゴールデンスランバ 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
6

現在、放送予定はありません。

  • 連続ドラマW バイバイ、ブラックバード

    連続ドラマW バイバイ、ブラックバード 第五話

    連続ドラマW バイバイ、ブラックバード

    星野と繭美の“お別れ行脚”もとうとう最後のひとりとなった。訪れたのは高級マンションに住む、女優の睦子(関めぐみ)。星野が、女優と知らずに声を掛けたのが…。

    星野と繭美の“お別れ行脚”もとうとう最後のひとりとなった。訪れたのは高級マンションに住む、女優の睦子(関めぐみ)。CMの撮影現場に見学で訪れた星野が、女優と知らずに声を掛けたのが交際のきっかけだった。別れを促す繭美にも「私は絶対に別れるつもりはない」と睦子は毅然とした態度を崩さない。いらだつ繭美は強引に2人を別れさせようとするが、そのころ睦子には週刊誌の報道で不倫疑惑が持ち上がっていて……。

    出演

    • 高良健吾
    • 城田優
    • 関めぐみ
    • 丸山智己

    スタッフ

    • 原作
      伊坂幸太郎「バイバイ、ブラックバード」(双葉文庫)
    • 監督
      森義隆
    • 脚本
      鈴木謙一
    • 音楽
      安川午朗
    • チーフプロデューサー
      武田吉孝
    • プロデューサー
      平体雄二
    • プロデューサー
      宮田幸太郎

    関連特集

    ドラマWアンコール

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの