{"prg_cd":"011862"}
{"prg_cd":"107730"}
{"prg_cd":"113140"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"112392"}
{"prg_cd":"113259"}
{"prg_cd":"114122"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"113646"}

映画
幕が上がる

幕が上がる
現在、放送予定はありません。

人気アイドル、ももいろクローバーZ主演の青春群像劇。部長が決まって活動をはじめた弱小演劇部。彼女たちの前に現われたかつての学生演劇の女王が“心”に火を付ける。

日本が世界に誇る劇作家・平田オリザが初めて手掛けた小説を「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が映画化。脚本を「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平が担当した。絶大な人気を誇るももいろクローバーZのメンバーが演劇部員たちを演じ、「銀河鉄道の夜」という舞台が完成していくまでが興味深い。事前に平田のワークショップに参加しただけあって、彼女たちが演技派の黒木華を相手に見せる熱演は見応え十分。本広監督らしい遊びも随所にあるが、アイドル映画の枠を超えた直球の青春映画として感動させられる。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
幕が上がる

人気アイドル、ももいろクローバーZ主演の青春群像劇。部長が決まって活動をはじめた弱小演劇部。彼女たちの前に現われたかつての学生演劇の女王が“心”に火を付ける。

静岡県立富士ヶ丘高校演劇部は地区大会を終え、2年生のさおりはまるで部員たちに押し付けられるように、次期部長に任命される。3年生になって自分が何をしたいかもわからず、未来への焦りも重なって部長を辞めたいと言いだしそうになったさおりの前に新しく赴任してきた美術教師の美佐子が現われる。即興で手本を見せる彼女にさおりたちは目を奪われる。美佐子が元学生演劇の女王と知ったさおりたちは顧問になってほしいと頼む。

作品データ

  • 制作年/2015
  • 制作国/日本
  • 内容時間/120分
  • ジャンル/ドラマ

楽曲情報

  • ももいろクローバーZ
    「青春賦」

出演

役名 役者名
高橋さおり(さおり) 百田夏菜子
橋爪裕子(ユッコ) 玉井詩織
西条美紀(がるる) 高城れに
中西悦子(中西さん) 有安杏果
加藤明美(明美ちゃん) 佐々木彩夏
吉岡美佐子(吉岡先生) 黒木華
溝口先生 ムロツヨシ

スタッフ

  • 監督
    本広克行
  • 脚本
    喜安浩平
  • 撮影
    佐光朗
  • 音楽
    菅野祐悟

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ナレーションがやたらに多くて・・・

    • ★★★☆☆
    • ひげじじい
    • 2016/03/06 12:15

    映画評価的に5つ星のようですが、正直、百田夏菜子さんのナレーションがちょっと多すぎですね。映画ですから、映像と台詞や演技で情景や、雰囲気を表現していけば良いのに 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの