映画
麒麟の翼~劇場版・新参者~

麒麟の翼~劇場版・新参者~

2/24(日)午前11:15

3/16(土)午前9:15

日本橋の象徴、麒麟像の下で発見された男性の刺殺体。混迷する捜査の中から見えた真実とは。阿部寛の当たり役“加賀恭一郎”の推理が冴える人気TVドラマの劇場用映画版。

ベストセラー作家・東野圭吾がデビュー当時から書き続ける刑事・加賀恭一郎シリーズ。阿部主演でドラマ化された「新参者」や、第2弾となったスペシャル版「赤い指」も高視聴率を獲得し、その人気を受けての映画化となった。今回はドラマ版のテイストを継承しつつ、複雑に入り組んだ事件から浮かび上がる人間模様を丁寧に描き出した。映画版からの参加となった新垣結衣や中井貴一の好演が見もの。シリーズのお楽しみといえる、阿部と溝端淳平のボケとツッコミ風の絶妙なかけ合いも、笑いのポイントとして効いている。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 366
麒麟の翼~劇場版・新参者~

日本橋の象徴、麒麟像の下で発見された男性の刺殺体。混迷する捜査の中から見えた真実とは。阿部寛の当たり役“加賀恭一郎”の推理が冴える人気TVドラマの劇場用映画版。

東京・日本橋。翼のある麒麟像の下で、男性の刺殺体が発見された。刑事の加賀は、被害者の青柳武明が、なぜ腹部を刺されたまま助けも求めず8分間も歩き続けたのか、また、縁もゆかりもない日本橋で何をしていたかに疑問を持つ。容疑者として浮かび上がったのは無職の青年、八島。彼は青柳のバッグを持って現場から逃走中に車にひかれ、意識不明の重体になる。八島の恋人、香織は彼の無実を訴え、捜査本部も裏付け捜査を開始する。

作品データ

  • 制作年/2012
  • 制作国/日本
  • 内容時間/130分
  • ジャンル/ドラマ・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
加賀恭一郎 阿部寛
中原香織 新垣結衣
青柳武明 中井貴一
松宮脩平 溝端淳平
青柳悠人 松坂桃李
八島冬樹 三浦貴大

スタッフ

  • 監督
    土井裕泰
  • 脚本
    櫻井武晴
  • 撮影
    山本英夫
  • 音楽
    菅野祐悟

関連特集

連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」放送記念!東野圭吾特集

最新の連続ドラマWの原作者の映画化作品選

ユーザーレビュー

現在、4件のレビューが登録されています。

  • 原作読んでから見たけど

    • ★★★★★
    • ゆきもう
    • 2012/12/15 21:38

    原作読んでから、映画を観た。内容全て判っているのに感動してしまう。加賀さんは絶対阿部寛さんじゃないとだめ。テレビシリーズ見た後、原作を全て読んだが、加賀さんの大 続きを読む

  • ネタバレ良かった!

    • ★★★★★
    • sukiyanen
    • 2012/12/08 14:12

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • ネタバレ犯人を知ってしまっていても…

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2012/12/06 10:18

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • ネタバレ自分の父親と向き合っているか?会話しているか?父親のことを知っているか?

    • ★★★★★
    • さすらいダイバー
    • 2012/11/08 22:16

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」放送記念!東野圭吾特集

最新の連続ドラマWの原作者の映画化作品選

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの