{"prg_cd":"111936"}
{"prg_cd":"020234"}
{"prg_cd":"114042"}
{"prg_cd":"105261"}
{"prg_cd":"112120"}
{"prg_cd":"112725"}
{"prg_cd":"112779"}
{"prg_cd":"113873"}
{"prg_cd":"112792"}
{"prg_cd":"014794"}
{"prg_cd":"113128"}
{"prg_cd":"112688"}
{"prg_cd":"100602"}
{"prg_cd":"018939"}
{"prg_cd":"102209"}
{"prg_cd":"021219"}
{"prg_cd":"112325"}
{"prg_cd":"112795"}
{"prg_cd":"010383"}
{"prg_cd":"112945"}
{"prg_cd":"112851"}
{"prg_cd":"112534"}
{"prg_cd":"113415"}
{"prg_cd":"113250"}
{"prg_cd":"113523"}

映画
デトロイト・メタル・シティ

デトロイト・メタル・シティ

12/19(水)午後5:15

日本映画界を代表する人気男優、松山ケンイチ主演で若杉公徳の同名漫画を映画化したコメディ。ポップミュージシャンを目指す青年が、なぜかデスメタルバンドのメンバーに?

おしゃれなミュージシャンを目指して上京した青年が、なぜか方向性が異なるデスメタルバンドの一員になって大成功。そのために彼は、憧れのヒロインに正体を隠す二重生活を送ったり、本来やりたかった音楽とのあまりのギャップに苦悩し……。笑いのセオリーの1つ=ギャップを大胆に強調し、主演の松山や松雪泰子ら競演陣もノリまくった熱演を見せ、さらに大きい笑いに転じさせた、邦画としては珍しい爆笑コメディの痛快編だ。主演の松山の幅広い表現力にあらためて感心させられる。監督は「ボックス!」の李闘士男。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 182
デトロイト・メタル・シティ

日本映画界を代表する人気男優、松山ケンイチ主演で若杉公徳の同名漫画を映画化したコメディ。ポップミュージシャンを目指す青年が、なぜかデスメタルバンドのメンバーに?

おしゃれなミュージシャンになろうと上京した純情な青年、崇一。しかしいつしか悪魔系デスメタルバンド《デトロイト・メタル・シティ(DMC)》のギター兼ボーカル“ヨハネ・クラウザーII世”としてデビューするはめに。そんな崇一は自身も納得がいかない音楽活動を、おしゃれな音楽が好きな憧れの由利にバレないように隠そうと試みるが、《DMC》は人気バンドに成長。事態はますます崇一が望まない方向に…。

作品データ

  • 制作年/2008
  • 制作国/日本
  • 内容時間/104分
  • ジャンル/コメディ・ミュージカル/音楽映画

出演

役名 役者名
根岸崇一(ヨハネ・クラウザーII世) 松山ケンイチ
相川由利 加藤ローサ
西田照道(カミュ) 秋山竜次
和田真幸(アレキサンダー・ジャギ) 細田善彦
根岸啓子 宮崎美子
デスレコーズ社長 松雪泰子
ジャック・イル・ダーク ジーン・シモンズ

スタッフ

  • 監督
    李闘士男
  • プロデューサー
    樋口優香
  • 脚本
    大森美香
  • 撮影
    中山光一
  • 音楽
    服部隆之

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ハチャメチャ

    • ★★★☆☆
    • ひーろーがやってくる
    • 2011/08/10 15:32

    WOWOWで数年前にアニメで観たが、それと比較しても、松山ケンイチさん演ずるところの根岸君のナヨナヨぶりとクラウザーさんのハチャメチャぶりの落差が愉快・痛快。
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの