{"prg_cd":"017165"}
{"prg_cd":"051503"}
{"prg_cd":"103449"}
{"prg_cd":"021974"}
{"prg_cd":"012331"}
{"prg_cd":"110340"}
{"prg_cd":"111803"}
{"prg_cd":"112987"}
{"prg_cd":"112859"}
{"prg_cd":"113300"}
{"prg_cd":"113140"}
{"prg_cd":"002213"}
{"prg_cd":"113095"}
{"prg_cd":"113353"}
{"prg_cd":"112844"}
{"prg_cd":"112660"}
{"prg_cd":"108351"}
{"prg_cd":"113266"}
{"prg_cd":"113535"}
{"prg_cd":"001747"}
{"prg_cd":"022192"}
{"prg_cd":"112329"}
{"prg_cd":"112964"}
{"prg_cd":"001255"}
{"prg_cd":"112857"}

映画
真夜中の弥次さん喜多さん

真夜中の弥次さん喜多さん

11/11(日)午後4:45

11/29(木)午後0:45

舞台にTV、映画と幅広い分野で才能を発揮する人気脚本家・宮藤官九郎が、しりあがり寿の傑作漫画を独自のセンスで映画化して監督デビューを果たしたコミカル時代劇。

TVドラマ「池袋ウエストゲートパーク」や連続テレビ小説「あまちゃん」などの脚本を手掛け、当代随一の人気脚本家となった宮藤官九郎。その彼が、異色漫画家・しりあがり寿の同名漫画を原作に、映画監督に初挑戦した第1作。一応は時代劇コメディという体裁があるものの、時代考証はあえて無視、なんでもありのシュールな世界観を楽しみたい。自分探しの旅に出る弥次さん喜多さんを、TOKIOの長瀬智也と歌舞伎界の人気者、中村七之助が飄々と好演するほか、豪華多彩な競演陣の面々にも目が離せない。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 268
真夜中の弥次さん喜多さん

舞台にTV、映画と幅広い分野で才能を発揮する人気脚本家・宮藤官九郎が、しりあがり寿の傑作漫画を独自のセンスで映画化して監督デビューを果たしたコミカル時代劇。

商家の若旦那・弥次さんと、美男の役者・喜多さんは、江戸で仲良く長屋住まいをしながら、ディープに愛し合う恋人同士。ある日、喜多さんのもとへ“リアルは当地にあり”というお伊勢さんからのダイレクトメールが届き、2人はそのリアルを目指して、お伊勢参りの旅へと出発。箱根の“笑の宿”、清水の“喜の宿”など、旅先の宿場や関所でさまざまな人々や奇妙な出来事と遭遇しながら、2人の珍道中は続くのだったが……。

作品データ

  • 制作年/2005
  • 制作国/日本
  • 内容時間/124分
  • ジャンル/コメディ・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
弥次郎兵衛 長瀬智也
喜多八 中村七之助
お初 小池栄子
金々 阿部サダヲ
呑々 柄本佑
岡っ引き 寺島進
旅籠の女将 森下愛子
旅籠の番頭 岩松了
おちん 山口智充
たわぁ麗溝堂の店主 しりあがり寿

スタッフ

  • 監督
    宮藤官九郎
  • 脚本
    宮藤官九郎
  • 撮影
    山中敏康
  • 音楽
    ZAZEN BOYS

関連特集

「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」放送記念!宮藤官九郎の世界

話題の新ドラマを記念して宮藤官九郎を特集

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ親子共演も

    • ★★★★☆
    • ぽよんぽ
    • 2015/09/06 09:05

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」放送記念!宮藤官九郎の世界

話題の新ドラマを記念して宮藤官九郎を特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの