{"prg_cd":"111881"}
{"prg_cd":"113903"}
{"prg_cd":"113803"}
{"prg_cd":"113804"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112795"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113300"}
{"prg_cd":"113660"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113178"}
{"prg_cd":"112662"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"112801"}
{"prg_cd":"113406"}
{"prg_cd":"114209"}
{"prg_cd":"112308"}
{"prg_cd":"113251"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"111509"}

映画
オール・アバウト・マイ・マザー

オール・アバウト・マイ・マザー
現在、放送予定はありません。

巨匠P・アルモドバル監督が人生の苦難を乗り越えて生きる女性たちを力強く描写。第72回アカデミー賞外国語映画賞、第52回カンヌ国際映画祭監督賞など数々の賞を受賞。

スペイン映画界が生んだ鬼才P・アルモドバルが、女性たちにささげる愛情賛歌として生み出した一作で、従来の彼の特色だったキッチュな要素に加え、人生の重みを感じさせる円熟した語り口を披露。女性たちへの愛情とユーモアをこめた。「セクシリア」のC・ロス、「ハイヒール」のM・パレデス、「ライブ・フレッシュ」のP・クルスら、アルモドバル映画の常連女優たちが色取り取りに繰り広げる、バイタリティーに満ちた女性たちのドラマが見る者の胸を熱く揺さぶる感動作だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
オール・アバウト・マイ・マザー

巨匠P・アルモドバル監督が人生の苦難を乗り越えて生きる女性たちを力強く描写。第72回アカデミー賞外国語映画賞、第52回カンヌ国際映画祭監督賞など数々の賞を受賞。

スペインの都市マドリード。自力だけで息子のエステバンを育ててきたマヌエラは、17歳の誕生日を迎えたエステバンとある想い出深い芝居を見に出掛けるが、それまでマヌエラが自分の胸の内に秘めてきた夫のことをいざ息子に話そうとした矢先、エステバンは彼女の目の前で交通事故に遭ってしまい、亡くなってしまう。失意の彼女は、別れた夫を捜そうと、かつて青春時代を過ごしたバルセロナへと旅に出発するが……。

作品データ

  • 原題/Todo Sobre Mi Madre (All About My Mother)
  • 制作年/1999
  • 制作国/スペイン
  • 内容時間(字幕版)/102分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第72回(1999)アカデミー賞外国語映画賞
  • 第52回(1999)カンヌ国際映画祭監督賞「ペドロ・アルモドヴァル」
  • 第57回(1999)ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞「ペドロ・アルモドバル」

出演

役名 役者名
マヌエラ セシリア・ロス
ウマ・ロッホ マリサ・パレデス
シスター・ロサ ペネロペ・クルス
ニナ カンデラ・ペーニャ
アグラード アントニア・サン・フアン
シスター・ロサの母親 ロサ・マリア・サルダ

スタッフ

  • 監督
    ペドロ・アルモドバル
  • 製作総指揮
    アグスティン・アルモドバル
  • 脚本
    ペドロ・アルモドバル
  • 撮影
    アフォンソ・ベアト
  • 音楽
    アルベルト・イグレシアス

関連特集

アカデミー賞への招待

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

アカデミー賞への招待

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの