映画
ドーベルマン

ドーベルマン
現在、放送予定はありません。

フランスの人気コミックを原作に、極悪非道のバッドヒーロー“ドーベルマン”が警察を相手に大バトルを展開。主演は当時、“フランスの松田優作”と呼ばれたV・カッセル。

フランスCM界出身で、一部で“第二のリュック・ベッソン”という異名を取った当時新鋭のJ・クーネン監督が長編デビューを飾った、パワフルなバイオレンスアクション。テンポのよさとスタイリッシュな映像美が見もので、ストーリー性を二の次にしてでも劇画タッチの映像を大胆に積み重ねる、そんなクーネンの演出はまさにベッソンの再来といえそう。それが華麗という域に達したオープニングシークエンスは一見の価値あり。プロディジーによるデジタルロックのサウンドなど、若くて新しいセンスが集結した衝撃作だ。

My番組登録者数
  • 0
ドーベルマン

フランスの人気コミックを原作に、極悪非道のバッドヒーロー“ドーベルマン”が警察を相手に大バトルを展開。主演は当時、“フランスの松田優作”と呼ばれたV・カッセル。

パリ。“ドーベルマン”の異名を持つ凶悪犯罪者ヤンとその仲間たちは、銀行強盗や現金輸送車襲撃を次々に成功させ、警察は犯人一味の逮捕のため、手段を選ばぬ非情な刑事クリスティーニに一味を追わせることに。ある夜、クリスティーニと武装警官隊は一味のアジトである酒場に突入し、そこで壮絶な銃撃戦が起きる。パリの武装警官隊&クリスティーニVS“ドーベルマン”、両者による総力戦の行方は、果たしてどうなるのか……。

作品データ

  • 原題/Dobermann
  • 制作年/1997
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/104分
  • ジャンル/アクション/冒険

楽曲情報

  • プロディジー
    “Voodoo People”

出演

役名 役者名
ドーベルマン(ヤン・ルパントレック) ヴァンサン・カッセル
ナット・ラ・ジターヌ モニカ・ベルッチ
クリスティーニ チェッキー・カリョ
ムス(ムスティーク) アントワーヌ・バズラー
神父 ドミニク・ベテンフェルド
マニュ ロマン・デュリス
レオ フランソワ・レヴァンタル
ソニア(オリヴィエ) ステファーヌ・メッツガー
ピットビュル シック・オルテガ
ボーマン マルク・デュレ

スタッフ

  • 監督
    ヤン・クーネン
  • 製作総指揮
    マルク・バシェ
  • 製作
    フレデリック・デュマ
  • 製作
    エリック・ネーヴェ
  • 脚本
    ジョエル・ウサン
  • 撮影
    ミシェル・アマテュー
  • 音楽
    スキゾマニアック

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの