映画
セブン・イヤーズ・イン・チベット

セブン・イヤーズ・イン・チベット

10/1(火)午前6:30

B・ピット主演でヒットした話題作。秘境チベットにたどり着いた登山家を主人公に、壮大なスケールのドラマと迫真のスペクタクルが展開するヒューマンアドベンチャー巨編。

ヒマラヤを目指しながら戦争に運命を狂わされ、チベットにたどり着いた登山家が、そこで若き日のダライ・ラマ(チベット仏教の指導者)と出会い、人種や国籍を越えた人間同士の交流をしていく。山岳地帯での登山シーン、捕虜収容所からの脱走劇などの見せ場をちりばめつつ、根本にあるヒューマニズムによって見る者を心の旅にいざなう感動作だ。ダライ・ラマに扮したアジア系少年ワンジュクのチャーミングな存在感も光る。東西文化の接触というテーマも「愛人 ラマン」のJ=J・アノー監督ならでは。

My番組登録者数
  • 176
セブン・イヤーズ・イン・チベット

B・ピット主演でヒットした話題作。秘境チベットにたどり着いた登山家を主人公に、壮大なスケールのドラマと迫真のスペクタクルが展開するヒューマンアドベンチャー巨編。

1939年、オーストリアの登山家ハラーは妻が妊娠していながら気にかけず、ヒマラヤ登山に挑む。雪崩によって登山を断念した彼だが、第2次世界大戦の激化によって英国の植民地であるインドで捕虜として拉致されてしまう。1942年、なんとか捕虜収容所から脱走したハラーは3年後、外国人にとって禁断の地とされてきたチベットのポタラ宮殿にたどり着き、そこでダライ・ラマの家庭教師役を任されることになるが……。

作品データ

  • 原題/Seven Years in Tibet
  • 制作年/1997
  • 制作国/アメリカ/イギリス
  • 内容時間(字幕版)/136分
  • 内容時間(吹替版)/136分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ハインリヒ・ハラー ブラッド・ピット
ペーター・アウフシュナイター デヴィッド・シューリス
ンガワン・ジグメ B・D・ウォン
クンゴ・ツァロン マコ岩松
ダライ・ラマ(14歳) ジャムヤン・シャムツォ・ワンジュク
ペマ ラクパ・ツァムチョエ
イングリッド(ハラーの妻) インゲボルガ・ダプコウナイテ
中国の代表 ヴィクター・ウォン

スタッフ

  • 監督
    ジャン=ジャック・アノー
  • 製作
    ジャン=ジャック・アノー
  • 製作
    ジョン・H・ウィリアムス
  • 製作
    イアイン・スミス
  • 脚本
    ベッキー・ジョンストン
  • 撮影
    ロベール・フレース
  • 音楽
    ジョン・ウィリアムズ

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ハインリッヒ・ハラーの経歴にショック

    • ★★★★★
    • よいこままちゃん
    • 2016/07/16 02:43

    この映画は以前から大好きで数回観てきましたが、今回改めて観て、実在した登山家ハインリッヒ・ハラーを詳しく知りたくなって調べてみたら、なんとナチスの親衛隊だった経 続きを読む

  • 知られることのなかった歴史の事実

    • ★★★★☆
    • タカシータ
    • 2015/08/16 13:08

    映画とは本当におもしろいもので、知られることのなかった歴史の事実が明らかにされる場合がある。この映画で取り上げられていることは、原作者の体験に基づいており、実際 続きを読む

  • 運命に翻弄された登山家

    • ★★★★☆
    • rutanderin
    • 2015/08/13 10:26

    ブラピ主演の実話です。コレ観てるとこの主人公の人生に驚きました。登山中戦争が勃発し逮捕され捕虜となり数年収容所に収容され数度脱走を試みて数回で脱走に成功、その間 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの