映画
ロミオ&ジュリエット

ロミオ&ジュリエット

4/3(水)午後2:50

L・ディカプリオが愛を信じて燃え尽きる若者を熱演し、ベルリン映画祭銀熊賞(男優賞)を受賞。シェイクスピアの原作をB・ラーマン監督が大胆に映画化した話題の恋愛劇。

若き日のディカプリオが「タイタニック」に先がけ、全世界の女性ファンのハートをわしづかみにした1本。デビュー作「ダンシング・ヒーロー」で注目された豪州出身のラーマン監督は、シェイクスピアの古典を大胆な解釈と現代的センスでアレンジ。ロックをBGMに青春をかけ抜ける若きカップルの激愛を、スピーディーな映像でドラマティックかつ高いテンションで描き切ったのはさすがで、当時多くの観客を熱狂させたのも納得だ。ジュリエット役のC・デーンズは後にTV「HOMELAND/ホームランド」でも活躍。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 270
ロミオ&ジュリエット

L・ディカプリオが愛を信じて燃え尽きる若者を熱演し、ベルリン映画祭銀熊賞(男優賞)を受賞。シェイクスピアの原作をB・ラーマン監督が大胆に映画化した話題の恋愛劇。

ヴェローナ・ビーチを支配する2大マフィア、モンタギュー家とキャピュレット家は激しく対立しあい、両勢力の若者たちの間では銃撃戦が絶えない。モンタギュー家の跡継ぎであるひとり息子の少年ロミオは、忍び込んだキャピュレット家のパーティーで出会った少女ジュリエットに一目惚れし、2人は愛し合うように。実はジュリエットはキャピュレット家のひとり娘だった。激化する両家の抗争は、2人の関係に暗い影を落としていく。

作品データ

  • 原題/Romeo + Juliet
  • 制作年/1996
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/121分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

楽曲情報

  • ザ・カーディガンズ
    “Lovefool”
  • レディオヘッド
    “Talk Shot Host”
    “Exit Music(for a Film)”
  • デズリー
    “Kissing You(Love Theme from Romeo + Juliet)”
  • ガービッジ
    “#1 Crush”
  • ほか

出演

役名 役者名
ロミオ レオナルド・ディカプリオ 草尾毅
ジュリエット クレア・デインズ 坂本真綾
ティボルト ジョン・レグイザモ 家中宏
デーヴ ポール・ラッド やなせさとる
ロレンス ピート・ポスルスウェイト 坂口芳貞
マーキュシオ ハロルド・ペリノー 成田剣
キャピュレット ポール・ソルヴィノ 富田耕生
モンタギュー ブライアン・デネヒー 廣田行生

スタッフ

  • 監督
    バズ・ラーマン
  • 製作
    バズ・ラーマン、ガブリエラ・マルティネッリ
  • 脚本
    バズ・ラーマン、クレイグ・ピアース
  • 撮影
    ドナルド・マカルパイン
  • 音楽
    ネリー・フーパー

関連特集

春休み!吹替メガヒットスペシャル

メガヒット映画を吹替でたっぷりと味わおう

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 悲劇のラブロマンスを楽しくし過ぎかも。

    • ★★★☆☆
    • Juliet.tyo
    • 2014/03/24 20:39

    みなさんご存知のシェイクスピアの悲劇のラブストーリーをバズ・ラーマン 監督が現代版にアレンジしたもの。レオナルド・ディカプリオが爽やかで素敵。クレア・デーンズの 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

春休み!吹替メガヒットスペシャル

メガヒット映画を吹替でたっぷりと味わおう

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの