{"prg_cd":"013829"}
{"prg_cd":"002843"}
{"prg_cd":"113086"}
{"prg_cd":"109990"}
{"prg_cd":"113745"}
{"prg_cd":"113883"}
{"prg_cd":"051503"}
{"prg_cd":"113988"}
{"prg_cd":"113202"}
{"prg_cd":"114840"}
{"prg_cd":"113641"}
{"prg_cd":"114200"}
{"prg_cd":"114126"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"114743"}
{"prg_cd":"113891"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"113993"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"114905"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"111582"}
{"prg_cd":"113984"}
{"prg_cd":"113905"}

映画
続エマニエル夫人[R15+指定相当版]

続エマニエル夫人[R15+指定相当版]

4/10(水)深夜0:45

多彩な性の体験を重ねていく自由なマダム、エマニエル夫人の性遍歴を描いて大反響を呼んだエロティックムービーの続編。主演は前作に続きモデル出身の美女S・クリステル。

第1作は全世界にスキャンダラスな衝撃を与え、さらに“エマニエル”“夫人”の言葉がタイトル中にある亜流ポルノまで多数生む人気作となったが、本作は正真正銘、待望の第2作。あのエマニエル夫人は今回、アジアの地で一層濃厚なエロスの世界に足を踏み入れて……。本国フランスでは成人指定映画とされ、その過激さから当初本邦での公開が見送られたという問題作。日本では第1作が大ヒットした翌年である1976年、年間第5位のヒット。エマニエル役のクリステルは前作から髪も伸び、さらにセクシー度をアップ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 199
続エマニエル夫人[R15+指定相当版]

多彩な性の体験を重ねていく自由なマダム、エマニエル夫人の性遍歴を描いて大反響を呼んだエロティックムービーの続編。主演は前作に続きモデル出身の美女S・クリステル。

フランス人の若妻エマニエルは外交官である夫ジャンの新しい赴任先である香港へ向かうことに。久しぶりの再会ということもあり、ジャンの体に自身を委ねようとするエマニエル。そんなエマニエルだが、香港のエキゾティックなムードも手伝ってか、解放された性の哲学を持つようになっていた自分をさらなる性の深淵に向かわせていく。新たな恋人たちとの出会いを通じ、エマニエルもまたこれまで以上に性の悦楽にひたっていくが……。

作品データ

  • 原題/Emmanuelle, L'antivierge
  • 制作年/1975
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/92分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
エマニエル夫人 シルヴィア・クリステル
アナ・マリア カトリーヌ・リヴェ
ジャン ウンベルト・オルシーニ
イングリッド カロライン・ローレンス
クリストファー フレデリック・ラガーシュ

スタッフ

  • 監督
    フランシス・ジャコベッティ
  • 製作
    イヴ・ルッセ=ルアール
  • 製作
    アラン・シリツキー
  • 脚本
    フランシス・ジャコベッティ
  • 脚本
    ロベール・エリア
  • 撮影
    ロベール・フレース
  • 音楽
    フランシス・レイ

関連特集

「エマニエル夫人」3作品一挙放送

大ブームとなった伝説の官能映画を一挙放送

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

「エマニエル夫人」3作品一挙放送

大ブームとなった伝説の官能映画を一挙放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの