映画
天国と地獄

天国と地獄
現在、放送予定はありません。

黒澤明監督が、標的でない人物が間違って被害に遭う“身代わり誘拐”を題材にした、日本映画屈指の傑作サスペンス。E・マクベインの小説「キングの身代金」に着想を得た。

誘拐犯が、もしも間違えて別の人質を誘拐したら……。「キングの身代金」にヒントを得た黒澤監督は当時、誘拐の罪が軽かったことに警鐘を鳴らそうと本作を作ったが、あまりのリアリズムに模倣犯が続出したという皮肉な逸話も。とはいえサスペンスとしてスリルも緊張感も最高で、国産サスペンス映画の最高峰に。特に鉄橋を応用した身代金受け渡しは、何度見てもどきどきする。冒頭の超長回しカット、1場面だけ色が着く有名なシーン(映画版「踊る大捜査線」第1作でパロディーにされた)など他の見せ場もふんだん。

My番組登録者数
  • 0
天国と地獄

黒澤明監督が、標的でない人物が間違って被害に遭う“身代わり誘拐”を題材にした、日本映画屈指の傑作サスペンス。E・マクベインの小説「キングの身代金」に着想を得た。

高台に豪邸を構えて暮らす製靴会社の常務・権藤は、自分が持つカネをすべてつぎ込む自社の乗っ取りを予定していた。そこへ権藤の息子の代わりに、専属運転手の幼い息子が誘拐されたとの知らせが入る。諸事情から乗っ取りを諦めた権藤が提供した現金3000万円だが、警察の裏をかいた犯人の手に渡ってしまう。警察は汚名を返上せんと本格的な捜査を開始するが、そこで非凡な知能を持つ、ある青年の存在が浮かび上がってきて……。

作品データ

  • 制作年/1963
  • 制作国/日本
  • 内容時間/144分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
権藤 三船敏郎
戸倉警部 仲代達矢
竹内 山崎努
河西(権藤の秘書) 三橋達也
伶子(権藤の妻) 香川京子
捜査本部長 志村喬
荒井刑事 木村功
中尾刑事 加藤武

スタッフ

  • 監督
    黒澤明
  • 脚本
    小国英雄
  • 脚本
    菊島隆三
  • 脚本
    久板栄二郎
  • 脚本
    黒澤明
  • 撮影
    中井朝一
  • 撮影
    斎藤孝雄
  • 音楽
    佐藤勝

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ本作を観ずして……

    • ★★★★★
    • herocomeon
    • 2016/10/03 13:42

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 新鮮さの中に完成形を観る

    • ★★★★★
    • ウォルシュ
    • 2012/07/29 12:58

    初めて観た黒澤作品が「天国と地獄」。
    一度目はストーリーの面白さに引き込まれ、
    初めて見るパートカラーの映像にも興奮し、
    一気に観終えた感がある。

    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの