WOWOW ライフ with シネマ

今月のオススメ作品

WOWOW映画担当者イチオシ!

「ノーマン・ザ・スノーマン ~北の国のオーロラ~」
「ノーマン・ザ・スノーマン ~流れ星のふる夜に~」
「劇場版 ごん - GON, THE LITTLE FOX -」「眠れない夜の月」

家族で観たい
ストップモーション・アニメ

  • 劇場版 ごん - GON, THE LITTLE FOX -

  • ノーマン・ザ・スノーマン ~北の国のオーロラ~

  • ノーマン・ザ・スノーマン ~流れ星のふる夜に~

  • 眠れない夜の月

WOWOW 映画部
遠藤裕

WOWOW映画担当者の特集に込めた想い​


◆ストップモーションアニメから溢れ出る魅力​

「コマ撮りアニメ」とか「人形アニメ」とも呼ばれるストップモーションアニメ。少しずつ人形などを動かして、一コマ一コマ撮影していく制作手法のため、2Dアニメほどの大規模な分業が難しいからなのか、作品に、より強く作家性が出る印象があります。

昔から個人的に大好きなジャンルなのですが、その中でも近年非常に感激した作品が、今回の特集に含まれる『劇場版 ごん - GON, THE LITTLE FOX -』です。

私もそうですが、多くの方が子供時代に触れたであろう新美南吉さんの名作「ごんぎつね」を映画化したもの。キャラクターの描写ももちろん素晴らしいのですが、背景の自然や空間の季節感がコマ撮りならではと言える質感で鮮やかに描かれていて、目を見張りました。


◆美しい映像

これにあわせてお届けする、同じ八代健志監督作品の「ノーマン・ザ・スノーマン」シリーズなど3作品は、全国のプラネタリウムで上映されてきた作品です。

プラネタリウムのあの空間で、美しく展開されている映像を、ぜひご家庭で楽しんでいただければと思います。

さらに今回は、全てWOWOW 4Kでも放送。ご覧になれる方は、ぜひ4Kの高解像度で見ていただけると嬉しいです。

クリエイターの想いを知る!

五福星

出演:ジャッキー・チェン/ユン・ピョウ/サモ・ハン・キンポー
声:石丸博也/大滝進矢/水島裕
監督:サモ・ハン・キンポー

  • 12月26日(日) 午後11時15分

    WOWOWシネマ

◆当時の香港で旬なキャストが勢揃い

香港では、公開年(1983年)の年間ランキング1位。大ヒットを記録した香港映画「五福星」。本作が大ヒットした裏側や、吹き替え時の製作秘話を、12月のWOWOWオンデマンド配信番組「マンスリー・シネマセッション」にて語りつくします。

本作はサモ・ハン・キンポー監督・主演の福星シリーズ第一弾。共演にジャッキー・チェン、ユン・ピョウらを配し、当時の香港映画界の人気俳優を揃えた作品。偽札をめぐって争うジャッキー刑事と五人の詐欺師に、マフィアがからむ激烈な急奪戦アクション・コメディです。

香港のアカデミー賞とも称される“香港電影金像奨”では、最佳動作設計(ベストアクションデザイン)を獲得。主要五人組メンバーの1人であるリチャード・ンは主演男優賞にノミネートされるなど、高い評価を受けました。


◆命知らずのスタントが炸裂

この映画で特筆すべき点は、何といってもCGに頼らないアクションシーンの数々。走行中のトレーラーの下をローラースケートでくぐり抜けるスタントは、今観ても圧巻。文字通り「命知らずのスタント」を堪能できます。

「僕が古い無声映画に夢中になったのは、ストーリーのほとんどが肉体を使って語られていたからだ」とジャッキー・チェンが語っていたように、様々なシーンのアクションに工夫が見て取れます。

また、日本での劇場公開時、当時ソロになって間もない陣内孝則が主題歌「SUPER SUPERSTAR」などを歌っており、それも懐かしい注目ポイントのひとつ。

コロナ禍で沈みがちな気分を明るくすること香港の痛快娯楽映画。ぜひこの機会に本作を見て、制作の裏側を覗いてみましょう。
※12/26(日)公開

>WOWOWオンデマンドはこちら

もう一度みよう!​

ウエスト・サイド物語

出演:ナタリー・ウッド/ジョージ・チャキリス/リチャード・ベイマー/リタ・モレノ/ラス・タンブリン/タッカー・スミス
監督:ロバート・ワイズ/ジェローム・ロビンス

  • 12月11日(土) 午後3時10分

    WOWOWプライム

◆様々な要素が調和した奇跡のような作品

ミュージカルとして一級品で、涙がこぼれるような悲恋を語りつつ、サスペンスとしての力強さを失わず、見る者をラストまでぐいぐいと引っ張って行く――。
様々なものが調和して結晶した奇跡のような作品。
それが『ウエスト・サイド物語』です。

曲名は知らなくとも耳にすれば誰もがピンとくる「マリア」、「トゥナイト」、「アメリカ」、「マンボ」、「クール」など有名曲が時に情感豊かに独唱 され、時に勇ましく合唱されて、キレキレの踊りに乗せられていきます。

また、時代を反映したセットも見もの。

コンクリートのバスケットコート、鉄骨が剥き出しの高架下、アパートの外階段、数少ない娯楽の場としてのダンスホール。
それぞれの場での男と女の衣装とアクセサリー、メイクやヘアスタイルと、どこを見ても隙間なく見どころが詰まっており、アカデミー賞で作品賞、監督賞、助演男優賞、助演女優賞など10部門を総なめにしたのもうなずけます。


◆圧巻の「ジェット団」と「シャーク団」による集団ダンス

圧巻なのが、「ジェット団」と「シャーク団」の対決を集団のダンスと歌で描くシーン。

アグレッシブな振り付けの踊りと、互いの主張を代弁した歌詞を交互に挟み込むことで、エスカレートする敵意を表現する。ポーランド系移民とプエルトリコ系移民の対立が、一つの楽曲の中で見事に共存・競演しています。

ミュージカルは「愛」や「平和」だけではなく「敵意」や「戦争」も表現可能な豊かなものなのだ、と納得させられるシーン。

物語の中では、エスニック、男と女、権威(警察)と虐げられる者の間にある軋轢や考えの違いがダンスと歌にラッピングされ、語られていきます。


◆スティーブン・スピルバーグ監督が再び映画化

この作品の原作をスティーブン・スピルバーグ監督が再び映画化し、来年に日本公開が決まりました。

これだけの完成度の高い前作がありながらの挑戦は、さすがに巨匠といったところでしょうか。1961年の『ウエスト・サイド物語』と2021年の『ウエスト・サイド・ストーリー』、どちらが好きか比べてみるのもいいかもしれません。
ちなみに、スピルバーグ版の主役アンセル・エルゴートは WOWOWと米HBO maxの共同制作ドラマ 「Tokyo Vice」に出演していますので、こちらも注目を。

今回放送予定の吹き替え版は、堀江美都子(マリア役)、山寺宏一(ベルナルド役)、大塚芳忠(トニー役)など豪華声優陣が担当していますので、本作と見比べる意味でも、今見ておきたい作品です。

オンデマンド限定作品をみよう!

没後10年 森田芳光監督
「バカヤロー! 私、怒ってます」「(ハル)」
「メイン・テーマ」「黒い家(1999)」

没後10年 森田芳光監督特集​

  • 「バカヤロー! 私、怒ってます」

  • 「バカヤロー!2 幸せになりたい。」

  • 「バカヤロー!3 へんな奴ら」

  • 「バカヤロー!4 YOU!お前のことだよ」

  • 「(ハル)」

  • 「黒い家(1999)」

  • 「メイン・テーマ」

  • 「間宮兄弟」

  • 「武士の家計簿」

  • 「の・ようなもの」

オンデマンドでみよう!没後10年、森田芳光監督のなかに光る人間好きな「森田印」

森田芳光監督はジャンル分けできない人です。
いや、「拒絶している」と言った方がいいかもしれません。

例えば今回のオンデマンド限定10作をみても、「バカヤロー!」シリーズと「間宮兄弟」はコメディ。
「黒い家(1999)」はホラー、「の・ようなもの」は青春群像劇。
「武士の家計簿」は時代劇、「メイン・テーマ」はアイドル映画で、「(ハル)」は恋愛ドラマです。

大作も小品も、実験的な映画も商業映画も、原作があるものもオリジナルなストーリーもこなしました。

作品は多彩で、監督としても多才。ジャンルを選ばずして名作を撮れるマルチな才能の持ち主なのです。


◆ジャンルに収まらない魅力

代表作「家族ゲーム」のあまりに有名な横並びの食事シーンは、レオナルド・ダ・ビンチの傑作「最後の晩餐」にたとえられました。

晩餐にはイエスを裏切るユダがいて、「家族」が「ゲーム」とくればそこから「体裁だけの家族」というメッセージを読み取るのは難しくありません。森田監督の実家が料亭で、そこに集まる人々を見て、若くして「人間っていうのは体裁ばかり」と考えていたと聞くと、なお更そんな気がします。

しかし、そんな冷めた見方とはまったく逆の温かい目線の作品もいくつもある。

生涯で20近い監督賞と脚本賞を受賞してきた才能はあまりに巨大で型破り。
「ジャンル」や「レッテル」に収まり切らない、ということなのでしょう。


◆「人間が好きだった」からこその視点​

そんな中であえて共通点、「森田印」というのを見つけるとすれば、突き放すか近寄るかは別にして「人間が好きだった」ということでしょうか。

生れも生き方も様々な老若男女――落語家だったりタクシー運転手だったり犯罪者だったり――が演じる人間ドラマを独自の視線で描くことに一生を捧げました。

早過ぎた死から10周年、そして生誕70周年でもある2021年。
この機会にあなただけの「森田印」を探してみてはいかがでしょうか。

>WOWOWオンデマンドはこちら

「オススメ作品」バックナンバー