メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

  • 放送予定
  • 放送カード
  • トーナメント表
  • 結果
  • 注目選手
  • 車いすテニス
  • 会場紹介
  • 歴史
  • 出演者

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

ウィンブルドンの歴史

ウィンブルドンの歴史

歴史

歴史

ウィンブルドンは1877年から始まった、世界最古のテニストーナメントであり、最も格式高い大会だ。当然、グランドスラム(4大大会)のなかでも最も歴史のある大会で、唯一グラス(芝)コートで行われる。

第1回大会は男子シングルスのみが開催され、出場選手は22名。全員がアマチュア選手だった。それから7年後、女子シングルスと男子ダブルスが、1913年には女子ダブルスと混合ダブルスがスタートした。なお、1922年までは、前年の優勝者は決勝まで出場せず、勝ち上がってきた選手とタイトルを懸けて決勝を戦うという形式が採用されていた。

その1922年には、開催地がチャーチ・ロードに移転。1968年にプロ選手の参加が認められ、オープン化された。100年以上の伝統と格式を持つこの大会だが、地元イギリスの選手がタイトルをなかなか掴めない状況が続いていた。それでも、昨年アンディ・マレーがようやくこのジンクスを打ち破り、イギリス人として77年ぶりのウィンブルドン制覇を達成した。一方で、女子では1977年のバージニア・ウェイドを最後に、地元イギリスからの優勝者が出ていない。

ウィンブルドンを語る上で欠かすことができないのが、「プレドミネンタリー・ホワイト」と呼ばれる、白のウェア着用が義務付けられている規則。ウェアはもちろん、リストバンドや帽子、ソックス、シューズ至るまで白を着用することが求められており、練習の場であってもこの規則が適用される。

年表

年表

ノバク・ジョコビッチ
Champion
2014年 男子優勝者:
ノバク・ジョコビッチ
ペトラ・クビトバ
Champion
2014年 女子優勝者:
ペトラ・クビトバ
男子
Men
優勝者 準優勝者 スコア
2014 ノバク・ジョコビッチ ロジャー・フェデラー 6-7 6-4 7-6 7-5 6-4
2013 アンディ・マレー ノバク・ジョコビッチ 6-4 7-5 6-4
2012 ロジャー・フェデラー アンディ・マレー 4-6 7-5 6-3 6-4
2011 ノバク・ジョコビッチ ラファエル・ナダル 6-4 6-1 1-6 6-3
2010 ラファエル・ナダル トマーシュ・ベルディヒ 6-3 7-5 6-4
2009 ロジャー・フェデラー アンディ・ロディック 5-7 7-6 7-6 3-6 16-14
2008 ラファエル・ナダル ロジャー・フェデラー 6-4 6-4 6-7 6-7 9-7
2007 ロジャー・フェデラー ラファエル・ナダル 7-6 4-6 7-6 2-6 6-2
2006 ロジャー・フェデラー ラファエル・ナダル 6-0 7-6 6-7 6-3
2005 ロジャー・フェデラー アンディ・ロディック 6-2 7-6 6-4
2004 ロジャー・フェデラー アンディ・ロディック 4-6 7-5 7-6 6-4
2003 ロジャー・フェデラー マーク・フィリプーシス 7-6 6-2 7-6
2002 レイトン・ヒューイット デビッド・ナルバンディアン 6-1 6-3 6-2
2001 ゴラン・イワニセビッチ パトリック・ラフター 6-3 3-6 6-3 2-6 9-7
2000 ピート・サンプラス パトリック・ラフター 6-7 7-6 6-4 6-2
女子
Women
優勝者 準優勝者 スコア
2014 ペトラ・クビトバ ユージェニー・ブシャール 6-3 6-0
2013 マリオン・バルトリ サビーネ・リシツキ 6-1 6-4
2012 セレナ・ウイリアムズ アグネツカ・ラドバンスカ 6-1 5-7 6-2
2011 ペトラ・クビトバ マリア・シャラポワ 6-3 6-4
2010 セレナ・ウイリアムズ ベラ・ズボナレワ 6-3 6-2
2009 セレナ・ウイリアムズ ビーナス・ウイリアムズ 7-6 6-2
2008 ビーナス・ウイリアムズ セレナ・ウイリアムズ 7-5 6-4
2007 ビーナス・ウイリアムズ マリオン・バルトリ 6-4 6-1
2006 アメリ・モーレスモ ジュスティーヌ・エナン・アーデン 2-6 6-3 6-4
2005 ビーナス・ウイリアムズ リンゼイ・ダベンポート 4-6 7-6 9-7
2004 マリア・シャラポワ セレナ・ウイリアムズ 6-1 6-4
2003 セレナ・ウイリアムズ ビーナス・ウイリアムズ 4-6 6-4 6-2
2002 セレナ・ウイリアムズ ビーナス・ウイリアムズ 7-6 6-3
2001 ビーナス・ウイリアムズ ジュスティーヌ・エナン 6-1 3-6 6-0
2000 ビーナス・ウイリアムズ リンゼイ・ダベンポート 6-3 7-6

記録

記録

■最多優勝
男子
men
回数 優勝者
7回 ピート・サンプラス 1993-1995, 1997-2000
7回 ロジャー・フェデラー 2003-2007,2009,2012
女子
women
回数 優勝者
9回 マルチナ・ナブラチロワ 1978, 1979, 1982-1987, 1990
■最長連覇
男子
men
回数 優勝者
5回 ビヨン・ボルグ 1976-1980
5回 ロジャー・フェデラー 2003-2007
女子
women
回数 優勝者
6回 マルチナ・ナブラチロワ 1982-1987
■最年少優勝
男子
men
優勝者
17歳227日 ボリス・ベッカー 1985
女子
women
優勝者
15歳285日 ロッティ・ドッド 1887
■最年長優勝
男子
men
優勝者
41歳182日 アーサー・ゴア 1909
女子
women
優勝者
37歳282日 シャーロット・クーパー・ステリー 1908
■最低ランクでの優勝
男子
men
ランク 優勝者
125位 ゴラン・イワニセビッチ 2001
女子
women
ランク 優勝者
31位 ビーナス・ウイリアムズ 2007
■決勝での最長試合
男子
men
時間 対戦カード
4時間48分
(6-4 6-4 6-7 6-7 9-7)
ラファエル・ナダル対ロジャー・フェデラー 2008
女子
women
時間 対戦カード
2時間45分
(6-4 6-7 7-9)
リンゼイ・ダベンポート対ビーナス・ウイリアムズ 2005

※記録はシングルスでのもの

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料