メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

全仏オープンテニス2017 5月28日(日)~6月11日(日) 連日生中継!!

全仏オープンの歴史

全仏オープンの歴史

歴史

歴史

 グランドスラム(4大大会)で唯一、クレーコート(赤土)で行われる全仏オープン。この大会がスタートしたのは1891年、当時は「フランス選手権」という名称で、部門は男子のみ、さらに参加が許されたのはフランス人選手だけだった。

 しかし、それから6年後に女子部門も創設されると、1925年にはフランステニス連盟が外国人に門戸を開くことを決断。これにより、大会名は「フランス国際大会」と改められた。

 そして開催地がローランギャロスへと移る1年前の1927年が、フランステニス界にとってのターニングポイントとなる。

 「四銃士」の異名を取ったジャック・ブリュノン、ジャン・ボロトラ、アンリ・コシェ、ルネ・ラコステの4人がフランス代表として国別対抗戦のデビスカップに出場し、当時7連覇中だったアメリカを敵地で撃破。これを機にテニス界の覇権はフランスへと移り、フランス連盟は母国で覇権を守るべく、それにふさわしい場所を準備した。これが現在のローランギャロスだ。なお、「ローラン・ギャロス」という名は、世界で初めて地中海横断飛行に成功したフランス人パイロットの名前に由来する。

 その後、「四銃士」の活躍でフランスは1932年までデビスカップ6連覇を達成し、テニス界におけるフランスの力はさらに向上。それとともに「フランス国際大会」もその地位を確立していく。

 そして新たな時代の幕開けとなったのが1968年、アマチュア選手がプロ選手と同じ舞台で戦うことが可能となり、グランドスラム(4大大会)のなかで初めてオープン化された。それから現在に至るまで、この赤土のコートで数々のドラマが生み出されている。

年表

年表

ノバク・ジョコビッチ
Champion
2016年 男子優勝者:
ノバク・ジョコビッチ
ガルビネ・ムグルッサ
Champion
2016年 女子優勝者:
ガルビネ・ムグルッサ
男子
Men
優勝者 準優勝者 スコア
2016 ノバク・ジョコビッチ アンディ・マレー 3-6 6-1 6-2 6-4
2015 スタン・ワウリンカ ノバク・ジョコビッチ 4-6 6-4 6-3 6-4
2014 ラファエル・ナダル ノバク・ジョコビッチ 3-6 7-5 6-2 6-4
2013 ラファエル・ナダル ダビド・フェレール 6-3 6-2 6-3
2012 ラファエル・ナダル ノバク・ジョコビッチ 6-4 6-3 2-6 7-5
2011 ラファエル・ナダル ロジャー・フェデラー 7-5 7-6 5-7 6-1
2010 ラファエル・ナダル ロビン・ソダーリング 6-4 6-2 6-4
2009 ロジャー・フェデラー ロビン・ソダーリング 6-1 7-6 6-4
2008 ラファエル・ナダル ロジャー・フェデラー 6-1 6-3 6-0
2007 ラファエル・ナダル ロジャー・フェデラー 6-3 4-6 6-3 6-4
2006 ラファエル・ナダル ロジャー・フェデラー 1-6 6-1 6-4 7-6
2005 ラファエル・ナダル マリアノ・プエルタ 6-7 6-3 6-1 7-5
2004 ガストン・ガウディオ ギジェルモ・コリア 0-6 3-6 6-4 6-1 8-6
2003 フアン カルロス・フェレロ マルティン・フェルケレック 6-1 6-3 6-2
2002 アルベルト・コスタ フアン カルロス・フェレロ 6-1 6-0 4-6 6-3
2001 グスタボ・クエルテン アレックス・コレチャ 6-7 7-5 6-2 6-0
2000 グスタボ・クエルテン マグナス・ノーマン 6-2 6-3 2-6 7-6
女子
Women
優勝者 準優勝者 スコア
2016 ガルビネ・ムグルッサ セレナ・ウイリアムズ 7-5 6-4
2015 セレナ・ウイリアムズ ルーシー・サファロバ 6-3 6-7 6-2
2014 マリア・シャラポワ シモナ・ハレプ 6-4 6-7 6-4
2013 セレナ・ウィリアムズ マリア・シャラポワ 6-4 6-4
2012 マリア・シャラポワ サラ・エラーニ 6-3 6-2
2011 リー・ナ フランチェスカ・スキアボーネ 6-4 7-6
2010 フランチェスカ・スキアボーネ サマンサ・ストーサー 6-4 7-6
2009 スベトラーナ・クズネツォワ ディナラ・サフィーナ 6-4 6-2
2008 アナ・イバノビッチ ディナラ・サフィーナ 6-4 6-3
2007 ジュスティーヌ・エナン アナ・イバノビッチ 6-1 6-2
2006 ジュスティーヌ・エナン・アーデン スベトラーナ・クズネツォワ 6-4 6-4
2005 ジュスティーヌ・エナン・アーデン メアリー・ピアス 6-1 6-1
2004 アナスタシア・ミスキナ エレナ・デメンティエワ 6-1 6-2
2003 ジュスティーヌ・エナン・アーデン キム・クライシュテルス 6-0 6-4
2002 セレナ・ウィリアムズ ビーナス・ウイリアムズ 7-5 6-3
2001 ジェニファー・カプリアティ キム・クライシュテルス 1-6 6-4 12-10
2000 メアリー・ピアス コンチタ・マルチネス グラナドス 6-2 7-5

記録

記録

■最多優勝
男子
men
回数 優勝者
9回 ラファエル・ナダル 2005, 2006, 2007, 2008, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014
女子
women
回数 優勝者
7回 クリス・エバート 1974, 1975, 1979, 1980, 1983, 1985, 1986
■最長連覇
男子
men
回数 優勝者
5回 ラファエル・ナダル 2010-14
女子
women
回数 優勝者
3回 ヘレン・ウィルス・ムーディ 1928-30
3回 ヒルデ・スパーリング 1935-37
3回 モニカ・セレス 1990-92
3回 ジュスティーヌ・エナン 2005-07
■最年少優勝
男子
men
優勝者
17歳3カ月 マイケル・チャン 1989
女子
women
優勝者
16歳6カ月 モニカ・セレス 1990
■最年長優勝
男子
men
優勝者
34歳10カ月 アンドレス・ギメノ 1972
女子
women
優勝者
33歳 ジュジャ・ケルメツィ 1958
■最低ランクでの優勝
男子
men
ランク 優勝者
66位 グスタボ・クエルテン 1997
女子
women
ランク 優勝者
17位 フランチェスカ・スキアボーネ 2010
■決勝での最長試合
男子
men
時間 対戦カード
4時間42分
(1-6 7-6 6-0 6-4)
マッツ・ウィランダー対ギジェルモ・ビラス 1982
女子
women
時間 対戦カード
3時間4分
(6-3 6-7 10-8)
シュテフィ・グラフ対アランチャ・サンチェス 1996

※記録はシングルスでのもの

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料