25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

Column コラム

『錦織圭―頂上への序章』 第3回
快挙に見るマイケル・チャンの影 本人も予想以上だった練習の成果

2014/09/27

マイケル・チャンの指導の下、体力・戦術面での成長を見せた錦織は、その真価を遺憾なく発揮していく。

マイケル・チャンの指導の下、体力・戦術面での成長を見せた錦織は、その真価を遺憾なく発揮していく。(写真提供:Getty Images)

 錦織圭の全米オープン決勝進出という快挙には様々な要素が絡み合っている。クルム伊達公子は1996年のウィンブルドンで準決勝まで進み、日没順延で逆転負けしたが、今回、こんな話をしていた。

「あの頃に屋根があったらなどと言われますが、勝つ時は、そうした必然なのか偶然なのか分からないことが揃ってくるんです」

 今回の錦織は、全米まで3週間ほどに迫った段階で右足親指の手術を受けている。嚢胞を除去するもので、これ自体は時間が解決する外科的疾患だが、その時間がなかった。ポイント練習を始めたのは現地に入ってから。出遅れは確かで、本人にもマスコミにも期待はなかった。第一の勝因は、この穏やかな気分だろう。錦織は本来のんびりした若者だ。

 手探りの1回戦を勝ち、2回戦で途中棄権を貰ったのは嬉しい流れだった。3回戦までストレート勝ちでリズムをつかみ、4回戦のミロシュ・ラオニッチ戦はセンターコートのナイトセッション。宿敵を4時間19分のフルセットで退けた自信が大きい。今シーズン、錦織が繰り返してきた言葉がある。

「体がだいぶ強くなってきているようです」

 体力強化の実感は実戦でしか確認できない。自分で驚いたということは、そのトレーニング効果に自覚がなかったからだろう。ここに昨年オフからコーチに就いたマイケル・チャンの影が見える。

 錦織は、チャンと自分は似たタイプだというが、印象は真逆だ。チャンはストイックな練習と綿密な戦術で体力を補った。彼が育ったアメリカ西海岸にアンドレ・アガシとピート・サンプラスというスターがいたから、彼も必死の努力をして全仏オープンの頂点に立った。一方、錦織のショットメークは、華麗な技術から発している。こうした天才肌の選手は往々にして余り基礎練習をしない。体力トレーニングの意味を深く考えたりはしない。必要性を感じないからだが、そこにチャンが現れた。錦織の言葉の「ようです」という驚きは、そういうことだろう。

 体力は予想以上についていた。3週間ぶりの実戦でプレーへの新鮮さもあった。それにしても、カギはラオニッチ戦だった。いま、ツアーで最も強烈なサーブを持っている選手のサービスゲームを5度ブレークしている。このリターンへの評価が、続く準々決勝のバブリンカ戦、さらには準決勝のジョコビッチ戦に反映されていく。ここにもチャンの影を見る。

 ジョコビッチの第1セットのファーストサーブの確率は54%。セカンドサーブからのポイント確率は僅かに25%だった。リターンを警戒すればサーブの確率は落ちる。錦織はそこを狙っていた。ラオニッチ、バブリンカを倒したことで、ジョコビッチはリターンを意識してくる……チャンはそう読んだだろう。錦織は前日、急遽、練習時間を変更して非公開にした。そこにさえチャンの深謀を見るのは考え過ぎだろうか。しかし、マイケル・チャンはそうして世界を駆け上がった選手だった。チャンは体力面、戦略面で錦織を強化し、世界のトップで通用する選手へと育て上げた。<第4回に続く>

文:武田薫



新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
WOWOW iPadサービス
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中