25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

Column コラム

Column コラム

『錦織圭―頂上への序章』 第2回
「どうしていいか分からない」―長い故障の連鎖

2014/09/26

18歳で初タイトルを掴んでからは、ケガとの長い戦いを強いられた錦織圭。

18歳で初タイトルを掴んでからは、ケガとの長い戦いを強いられた錦織圭。(写真提供:Getty Images)

 この20年、テニスはパワーとプレッシャーの世界と言われてきた。1990年代に入ってからの最大の変化は市場の拡大だ。冷戦構造の崩壊により、それまでアマチュアリズムの壁に閉ざされていた旧社会主義国がプロツアーに加わり、EU拡大路線に乗って南米の若者がスペインを足がかりに参入してきた。華麗なサーブ・アンド・ボレーからクレー育ちのパワープレーへの移行、そして競争激化と市場拡大に伴ってコンピューター・ランキングとの非情な戦いが始まった。

 選手の寿命は長くない。肉体の酷使には限界がある。故障とどう付き合うか――個人プレーのテニスがチーム戦のレベルへと引き上げられ、錦織もこの激流の渦中でアップダウンを経験してきた。

 錦織のツアー初優勝のニュースが飛び込んだのは2008年2月のアメリカ西海岸、デルレイビーチだった。世界ランク244位で18歳だった錦織は、予選から勝ち上がって決勝でジェームズ・ブレイクを倒し、ツアー初タイトルを手にした。さらに6月にはラファエル・ナダルから1セットを奪い、一気に脚光を浴びる。

 しかしその後、2012年の楽天オープンで2度目の優勝を掴むまでの4年間は、ケガとの悪戦苦闘の連続だった。最初のグランドスラム出場だった08年ウィンブルドンは腹筋を痛めて途中棄権。翌2009年は右ひじ痛でシーズン後半はコートを離れ、夏に手術を受けた。

 これにより、ランキングは898位まで下降。2010年には再上昇するが、全米オープンでは太もも、翌2011年は腰痛と連続リタイア。2012年には左腹斜筋の肉離れがあり、2013年の全豪は左ひざ……今年も3月のマイアミでは左足付け根の故障で準決勝を欠場し、バルセロナではナダルを追い詰めながら股関節を痛めて途中棄権。ウィンブルドン後には右足親指の嚢胞の除去手術……。

 どこもかしこも、あれもこれも。昨年夏には、「どうしていいか分からない」と洩らす状況まで追い込められた。錦織のマネジメントを担当するIMGが、デビュー当時から繰り返し言ってきたことがある。

「ケイはこの先15年、世界のトップで活躍する選手だ」

 その意味するところは、性急に結果を求める日本国内のムードへの牽制だ。急激な成功は喜ばしい一方、未熟な心身に試合数の増加、過密日程という負担を強いることになる。かといって、一般人のように治療に専念して限られた現役時間を費やすことはできない……我々には見えないところで、錦織にもチームにも厳しい戦いが続いた。こうした重苦しい時間の流れのなかで、マイケル・チャンの招聘が決まる。〈レジェンド〉という精神的支え、チャンが現役時代に実証した体力トレーニングの経験の重みが求められ、その成果はすぐに表れた。<第3回に続く>

文:武田薫



新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
WOWOW iPadサービス
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中