メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

Column コラム

Column コラム

2度目の全米ベスト4 夏を越え、見えてきた錦織スタイル

2016/09/17

今大会ではよりネットを意識したプレーを見せ、スタイルを確立させてきた錦織圭。(写真:Getty Images)

 今年最後のグランドスラムは、第2シードのアンディ・マレーを倒してのベスト4だった。全豪オープンでベスト8、全仏、ウィンブルドンは体調を崩しながらも4回戦を突破し、今季は4大会すべてで16強以上。トップ10に相応しい抜群の安定性を証明した。ちなみに、同世代のライバルを見ると、マリン・チリッチは3回戦―1回戦―ベスト8―3回戦、ミロシュ・ラオニッチは全豪でベスト4、ウィンブルドンでは準優勝と躍進したが、この全米では2回戦で姿を消している。

 今年の錦織の夏は、ウィンブルドンを途中棄権した脇腹の故障を抱える中、リオ五輪という大きな山を越える試練があり、さらにトロント、シンシナティのマスターズ1000も目指した上でのニューヨークだった。欲を言えばきりがないが、銅メダルを持ち帰り、全米オープンでも2度目の準決勝進出という結果は上出来と言えるだろう。本人が「夏に限れば、これまでで最も充実していた」と実感を語っており、その言葉に「どうなるか分からない」という夏前の不安を克服した安堵が感じられた。

 圧巻は、やはり準々決勝のマレー戦だ。第1セットを落としたが、第2セットからの反撃、特に第2セット第3ゲームのサービスゲームが印象的だった。15-15から18本、14本、8本の長いラリーを3連続で奪っている。マレーとはプレースタイルが似ていると言われるが、このストローク戦で主導権を奪ったことで、攻撃に幅が出た。マレーもウィンブルドン優勝、五輪の金メダルと過酷な夏だっただけに、心身の疲労では互角。3月のデ杯でフルセットの末に敗れ、リオの準決勝では完敗した“悔しさ”という一点で、錦織の方にパワーがあった。

 この大会、特にドロップショット、ネットプレーの多用が目立った。錦織の持ち味は基本はストローク戦にあるが、ベースライン、サイドへの抜群のコントロールに加え、新たに前後の攻めを意識させることで、より攻撃性が高まった。それを可能にしたのは、大会への入り方にあっただろう。

 今回は、夏の疲れがあって、大きな期待をかけていなかったという点では準優勝した2年前に共通していた。今回の対戦相手を振り返ると、強豪が相手ではなかったが、実に多彩な顔触れだった。1回戦のベンジャミン・ベッカーはしたたかな35歳のベテラン。2回戦は一転して20歳のカレン・カチャノフ、こちらは失う物のない予選上がりのパワーヒッターだった。3回戦はダブルスで今季だけで6勝しているワザ師のニコラ・マウ。格下だが決して楽勝ではなく、実際、個性的な3人に1セットずつ奪われている。だが、錦織は実に冷静な対処で切り抜け、この対処への自信が、4回戦のイボ・カルロビッチのビッグサーブ攻略に繋がった。風が強いことを読んで、リターンに集中し、それが相手のファーストサーブの確率を下げ、セカンドを叩いた。相手にリターン力がないことから、自分のファーストサーブの確率を上げることに専念してラリー戦に持ち込んでもいる。そして、カルロビッチ攻略に成功したことがマレー戦の逆転にも結び付いただろう。

 錦織のテニスは「サーブさえなければ」が枕詞だった。「サーブを除けばメジャーを取っている」と、マッツ・ビランデルも、ブラッド・ギルバートも指摘した。周囲は何でも欲しがるものだ。ストロークが良ければ、サーブも欲しい。フォアが良ければ、バックも欲しい。しかし、優先すべきは個性でありスタイル確立だろう。この夏の故障、疲労を乗り越えたことで、サーブ&ボレー、ドロップショットと、よりネットを意識したスタイルの確立に大きく踏み出したのではないか。カラフルなテニスへの発展を楽しみにしたい。

文:武田薫



錦織圭特集ページはこちら>>
新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • テニス総合サイト THE TENNIS DAILY
  • 【WOWOWグランドスラムスタンプラリー】WOWOWポイントがゲットできる!
  • WOWOWテニス2017シーズン イメージソング 『TROPHY』 INABA / SALAS
  • 目指せ!サービスエース
  • 錦織圭公式サイト KEI NISHIKORI.COM
  • 大坂なおみ公式サイト
  • 国枝慎吾公式サイト
  • 奈良くるみ公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • クルム伊達公子公式サイト Powered by TENNIS DAILY
  • wowshop 新発売 大人気キャラクター テニス太郎 ぬいぐるみ・マスコット(ストラップ付き)
  • wowshop 全米オープンテニス2017観戦ツアー
  • wowshop 全豪オフィシャルグッズ販売中